読書・スポーツ・BBQが楽しめる!西東京市に「MUFG PARK」がオープン

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2023年6月26日、緑地やスポーツ施設、ライブラリーなどで構成される新しい交流広場「MUFG PARK」が、西東京市に開園した。※入園無料、一部有料施設あり。

「MUFG PARK オープニングセレモニー」が開催。近隣の学校の子供たち、MUFG社員、MUFG社長・亀澤宏規氏と西東京市長・池澤隆史氏がテープカットを行った


「MUFG PARK」は、持続可能な環境・社会の実現に向けた取り組みの一環として、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)が保有する従業員向けの施設「武蔵野運動場」を整備して一般開放するもの。このオープンに伴い、6月25日には同所で「MUFG PARK オープニングセレモニー」が開催された。

セレモニーで、MUFG取締役代表執行役社長グループCEO・亀澤宏規氏は「構想からオープンまで約4年。いよいよオープンします。ここはMUFG社員にとって、たくさんの懐かしい思い出が詰まった場所。このように生まれ変わって大変うれしく思っています。地域、社会の“前へ進む力”になることを目指して、さらに居心地の良い、楽しい場所に育てていきたいと考えています」と挨拶。

MUFG取締役代表執行役社長グループCEO・亀澤宏規氏


西東京市長・池澤隆史氏は、「開園をとても楽しみにしていました。ここは、隣接する小学校の課外授業や、保育園の園外保育の場として利用させていただくなど、地域住民にとって身近な存在として親しませていただいた場所。そのような場に、魅力的な施設を備え、一般開放していただけることに西東京市民を代表し、改めて感謝申し上げます」と謝辞を述べた。

さらに、司会を務めたフリーアナウンサー・青木源太氏が、同パークについて説明。「総面積は約6ヘクタール。武蔵野の貴重な自然が残る緑地エリア、11面のテニスコートや、周囲にランニングコースを配した天然芝のグラウンドがあるスポーツエリア、芝生を臨みながら読書やコミュニケーションが楽しめる交流エリアの3つのコンセプトエリアから構成されています」と解説していた。

武蔵野の豊かな緑環境を保全する樹林地「Forest Area」。多様な植物・生物が息づく

周囲にランニングコースを配した天然芝のグラウンドがあるスポーツエリア


ちなみに、「まちライブラリー」を備えた大きな芝生広場「Main Park Area」、BBQ施設もある落ち着いた芝生広場「Universal Area」、武蔵野の豊かな緑環境を保全する樹林地「Forest Area」、キッチンカーなども出店するメインストリート「Greeting Street」は、それぞれの頭文字をつなげて読むと「MUFG」に。このエリア名称は同社社員が考え、投票で決定した。

「まちライブラリー」を備えた大きな芝生広場「Main Park Area」

【写真】本を通じてコミュニケーションを育む「まちライブラリー」を新設

キッチンカーなども出店するメインストリート「Greeting Street」


「MUFG PARK」のコンセプトは「自分らしいQuality of Lifeを追求できる拠点」。今後、同パークでは、地域社会との連携や社員の参画を通じて、社会課題の解決や地域のコミュニティ形成につながる、さまざまな社会貢献イベントも実施していく予定だという。

セレモニーの様子。近隣の学校の子供たちによるメッセージフラッグ贈呈式も行われた

語り場としても利用できる「まちライブラリー」

みんなで本を持ち寄り育てる「まちライブラリー」には寄贈された本が並ぶ

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る