子宮がんと診断された妹…リスクを背負いながらも全摘を選ばなかった理由とは【作者に聞く】

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

看護師でありシングルマザーであるまゆんさん( @mayun4311 )。彼女の著書「自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界」は、自閉スペクトラム症で特別支援級に在籍する息子・太郎くんとその周囲の人々の心温まる暮らしを描いたコミックエッセイだ。「太郎くんの素直な一言で心が解きほぐされる」と反響が寄せられた本作から一部を抜粋・編集し、まゆんさんのインタビューとともにお届けする。

今回のテーマは「いろんな生命」。

子宮がんの診断を受けた妹

まゆんさんの妹、はるんさんからメールが届いた。がんだという。

【漫画】自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-1

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-2

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-3

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-4

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-5

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-6

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-7

「はるん(妹)から初めてがんだと聞いたとき、『はるんが目の前からいなくなるのか?』と不安や絶望感に襲われました」。はるんさんは、子供が欲しいと子宮温存の選択をする。太郎君の存在に心を揺さぶられたのだ。「全摘をしないという話を聞いたとき、実際は漫画に描いているよりももっとたくさんの時間を使ってはるんと話しているんです。ばあばやじいじはほとんど口を出すことなく、私とはるんの話し合いの結果を待っていました。はるんの思いと、私たち家族の思いを伝え合いましたね」

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-8

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-9

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-10

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-11

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-12

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-13

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-14

自閉スペクトラム症の太郎とやさしい世界 第9話-15

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全246枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る