肉は焼き方を変えるだけで激旨に!牛角の”肉博士”が伝授する、牛角カルビをより美味しくするコツ

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

夏グルメの定番といえば焼肉。実は、肉の特徴を知ったうえでちょっとだけ焼き方を工夫すれば、おいしさが断然アップする。そこで、「牛角」の肉すべての商品開発を手がける肉のスペシャリスト・中島保人さんに、すぐにマネできる秘伝の手順を教えてもらった。今回のテーマは 「牛角カルビ」の上手な焼き方 だ。

※本記事は発売中のムック 「牛角Walker」 から一部抜粋・編集しています

牛角カルビ


火加減は強火よりの中火、肉を置く位置は「やや中央」で

必ず食べたい不動の人気メニューが牛角カルビ(649円)。カルビのなかでも特に厚みがあり、食べ応えは抜群。

まず注意しておきたいポイントとしては
・火加減=強火よりの中火
・肉を置く位置=やや中央
で焼くことだ。具体的に試してみよう。

(1)ロースター真ん中よりのやや火力が強い所に肉を置く。肉の表面にしっとり汗をかいてきて焼き色が付いたら、ひっくり返す。

1


(2)逆側もそのままの火加減で焼く。何度かひっくり返しながら焼いてもOK。厚みがあるので、時間をかけても旨味は逃げない。

2


(3)ひっくり返しながら、表面がこげるかこげないか、ぎりぎりのところまで焼く。好みの焼き色が付いたら、皿に取り出す。


なお NGの焼き方 としては、 ロースター中央の強い火力で焼き続ける こと。肉が丸まってしまい、焼きむらの原因になる。若干、火加減抑えぎみの位置で焼くのがベストだ。

失敗例


鉄則=何度もひっくり返して焼くべし!

まとめると、ポイントは
・焼き時間の割合は、はじめ3割、ひっくり返して7割のイメージ
・厚みがあるので、何度もひっくり返して焼くべし!
となる。驚くほど肉の旨さが変わってくるので、ぜひ試してみよう。

※火加減はロースターで焼く場合を示しています。七輪の炭火で焼く場合とは異なりますので、ご注意ください

牛角WalkerKADOKAWA

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る