東京ウォーカー創刊1000号記念!すみだ水族館の金魚1000匹とコラボ!

2017年7月19日 18:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「すみだ水族館」は7月10日(月)から8月31日(木)まで、日本最大級の金魚展示エリア「江戸リウム」で、色も形もさまざまな約1000匹の金魚を鑑賞できる「東京金魚ワンダーランド」を開催する。開催に合わせ、9月号で創刊1000号を迎える「東京ウォーカー」が、“1000つながり”でコラボレーション!かわいいスイーツがもらえるなど、楽しい企画が目白押しだ。

「すみだ水族館」で、夏の風物詩である金魚の魅力をぜひ楽しんでみては?


東京ウォーカー1000号おめでとう!記念プレゼントがもらえる


【写真を見る】開催期間中の7月20日(木)から8月31日(木)まで「東京ウォーカー」1000号とコラボしたキャンペーンがスタート


開催期間中の7月20日(木)から8月31日(木)まで、「東京ウォーカー」創刊1000号とコラボしたキャンペーンがスタートする。東京ウォーカー8月号(7月20日(木)発売、創刊999号)もしくは東京ウォーカー9月号(8月19日(土)発売、創刊1000号)の付属チケットを持参し、「東京ウォーカー1000号おめでとう!」と館内ペンギンカフェで言うと、先着1000名で「ミニ金魚ソフト」がもらえる。金魚の赤をイメージしたソフトクリーム、この機会にぜひ味わってみては?

江戸の“美”と“匠”の共演


約20 品種、約1000 匹の金魚が泳ぐ姿を見ることができる


ぼんやりと光る約150個の金魚ちょうちんと、水槽の中でひらひらと舞う金魚たちに囲まれた金魚づくしの空間に加え、伝統飴細工専門店である浅草・飴細工「アメシン」が、今回のイベントのために新たに制作した精巧な金魚の飴細工10種を展示し、江戸の“美”と“匠”の共演を楽しめる。

体験プログラムや金魚鉢をイメージした特別メニューも


金魚鉢をイメージしたかわいらしいドリンク「金魚ソーダ」(750円)


美しい金魚の色や模様を再現する体験プログラム「きんぎょの色あわせ」を開催するほか、金魚鉢をイメージしたかわいらしいドリンク「金魚ソーダ」などの特別メニューも登場。さらに、屋内開放型として日本最大級のペンギンのプール型水槽底面に投影する花火の映像と音楽による約8分間のショープログラム、サマーナイトプロジェクションマッピング「ペンギン花火」も開催され、館内のお祭りムードを一層楽しめること間違いなしだ。

この夏は、”金魚1000匹×東京ウォーカー創刊1000号”で盛り上がるすみだ水族館に、ぜひ足を運んでみて!【ウォーカープラス編集部/安藤果那子】

安藤果那子

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る