リサとガスパールのボジョレーヌーボーが今年も登場!みんなで「サンテ!」しよう

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年も、とびきりキュートなパリの住人 「リサとガスパール」 のボジョレーヌーボーが発売される。解禁日となる2023年11月16日(木)に向け、酒販店や百貨店などですでに予約受付中だ。

リサとガスパールのボジョレーヌーボーは予約受付中。こちらは赤

【写真】昨年に引き続き、ロゼも登場


「リサとガスパール」ボトルのボジョレーヌーボーは、定番の赤のほかにロゼもラインナップ。ロゼが加わったのは2022年のことで、今年は2度目の発売となる。

というのも、「リサとガスパール」ボジョレーヌーボーを手がけるワイン生産者の協同組合「ヴィニュロン・デ・ピエール・ドレ」は、ロゼ造りが得意。2021年にはボジョレーヌーボーの品評会「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」で、ロゼ部門のグランプリに輝いているほど!この実績が認められ、ロゼも販売されることになったのだそう。

「リサとガスパール」デザインのラベルは2種類。いずれも最新シリーズ「PARIS」からピックアップされた絵柄で、赤はエッフェル塔やノートルダム大聖堂、凱旋門にサクレ・クール寺院といったパリの名所を描いたもの、ロゼはパリの都会的なモチーフを描いたものと、「リサとガスパール」のホームタウンをテーマにした、小粋でかわいらしいデザインに仕上がっている。

パリの名所が詰め込まれた赤のエチケット(ラベル)デザイン

ロゼのエチケットはワインの淡いカラーを思わせるピンクの地色が愛らしい


ご存知の通り「ボジョレーヌーボー」は、ワイン造りが盛んなフランスのブルゴーニュ地方の中でも特に土壌と気候に恵まれた“ボジョレー地区”で造られた、“新しい(=ヌーボー)”ワインを意味する。9月に収穫されたブドウを特殊な製法で醸造し、わずか1カ月という短い期間で完成させたもので、もともとはこの地域のブドウの収穫とワイン造りの終了を祝うために作られていたのだそう。

フランス政府は、この特別なワインの品質を維持するために解禁日を設け、原料となるブドウの品種も赤ワインは“ガメイ”のみと厳密に定めている。この“ガメイ”という品種は黒ブドウの一種で、果皮が薄く早熟。ガメイを原料にしたワインは他の品種と比べて、渋みや苦味が少なく、爽やかな酸味が感じられる。香りも野いちごやラズベリーに例えられるベリー系と、赤ワインの一般的なイメージとは異なるフレッシュな味わいが何よりの魅力だ。

普段ワインを飲み慣れていない人も挑戦しやすく、肩肘張らず気楽に飲めるのがボジョレーヌーボーの強み。「リサとガスパール」ボジョレーならさらにカジュアルで、入門編にはぴったり!合言葉はもちろん「サンテ!(=乾杯!)」。テーブルがパッと華やぐ「リサとガスパール」ラベルをおともに、秋の風物詩を堪能しよう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2023 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る