試作品は“がんもどき味”だった?200回以上の試作を経て「クラフトボス ソイラテ」が完成!

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サントリー食品インターナショナルが、「クラフトボス」コーヒーシリーズから新たなラインアップとして、「クラフトボス ソイラテ」(希望小売価格 税別200円/500ミリペットボトル)を発売。同商品は、ソイ(大豆)の香ばしい味わいや、コーヒー本来のコクと香りを楽しめる、華やかだがクセのない味わいが特徴となっている。

「クラフトボス ソイラテ」が新登場


ソイミルク(豆乳)をはじめとする植物乳の市場は10年以上にわたって拡大しており、近年では、カフェでも“ソイミルク”を使ったドリンクやカスタマイズが定着しつつある。同社は今回、そうしたところに着目し、ペットボトルコーヒーでも「ラテの選択肢を広げたい」という思いのもと、「クラフトボス ソイラテ」を開発した。

【写真】「クラフトボス ソイラテ」開発時の秘話が語られた


“ソイラテ”に対しては、「独特の風味や、優しい味わいが好き」「ソイの味わいがおいしい」といった感想を持つユーザーがいる一方、「独特のクセがあって飲みにくい」「昔飲んだけどあまりおいしくなかった」という声も多くあることを受け、新商品では、サントリー独自の技術を採用。クセがなくて飲みやすい、植物性原料100%のラテ(豆乳・大豆粉末・食用油脂)で作ることにした。

ちなみに同社の開発担当者曰く、この味わいに仕上げるため「200回以上の試作を繰り返した」とのこと。ある試作品では、クセのある香りや、べたつきが感じられたことから、開発チームのメンバーらが「『がんもどき』の味がする」「口の中にいつまでもいる」「ベタベタする」と酷評…。そうした課題をなくしていくことに苦労したという。

がんもどき味と飲み比べてみた。記者はがんもどき味の方はポン菓子のような香ばしさを感じ、ほかのプレス陣からも「悪くない」との声が上がっていた。「クラフトボス ソイラテ」はミルキーな余韻が残った


そして、製品のパッケージや、9月17日から放映している新CMも注目ポイントになっているそうで、「“ヘルシー”や“健康”からの脱却にこだわりました」とコメント。「ソイって、“ヘルシー”や“健康”というイメージがあったのですが、ソイラテは近年、シンプルに“おいしいもの”として飲まれているということがあったので、今回は“おいしい味わい”を前面に押し出して、パッケージやコミュニケーションなどでお伝えさせていただいています」と説明していた。

取材・文=平井あゆみ

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る