まるで宮殿!至福のD&S列車「或る列車」でセレブ気分を味わってきた

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

九州旅客鉄道(JR九州)運行のD&S(デザイン&ストーリー)列車と呼ばれる観光列車の1つ「或る(ある)列車」。この列車の「極上の“食・時・おもてなし”を味わう幻の列車」というキャッチコピーが気になった記者は、実際に体験してきたので見どころを紹介したい。また、ここでは「或る列車」が走る久大本線(きゅうだいほんせん)の魅力的なスポットも取り上げたい。

「或る列車」の車両は、世界的な鉄道模型の神様と言われた原信太郎さんが製作した模型がベースに


100年の時を越えて蘇る幻の豪華列車

セレブ気分が味わえるD&S列車「或る列車」


「或る列車」とは、明治39年(1906年)、当時の「九州鉄道」が米国・ブリル社に発注したものの、九州鉄道が国有化されたため、活躍する機会のなかった「九州鉄道ブリル客車」のこと。当時、日本で最も豪華な設備を備えていた“幻”のこの豪華客車が蘇り、2015年よりD&S列車の第10弾としてJR九州で運行されている。

【写真】極上の“食・時・おもてなし”を味わう幻の列車「或る列車」


車両は、世界的な鉄道模型の神様と言われた原信太郎さんが製作した模型をベースに、「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人さん協力のもと、水戸岡鋭治さんとドーンデザイン研究所がデザイン&設計。車内の食事は、世界的に評価の高い成澤由浩さんが演出した、九州の食材を使用した同車だけのオリジナルメニューが用意されている。

車内の食事は世界的に評価の高い成澤由浩さんが監修。コース料理(フリードリンク付)では前菜・魚料理・肉料理・スイーツ・ミニスイーツが提供される

この日は「Winter 2023 December」の料理が用意され、クリスマスリースに見立てた前菜や、バラの香りを感じさせる、見た目も華やかな福岡県産いちごミルクのパフェなどを楽しむことができた


外観は金色でゴージャス!ハートマークのロゴや、唐草模様があしらわれており、かわいさも表現されていた。また、内観は宮殿のようにラグジュアリーで、ロマンチックな雰囲気。2人席、4人席を配した1号車は、メープル材により、木の温もりも感じられる明るいインテリアとなっていた。

こんなにラブリーな列車があるなんて!天井にはクローバー模様がデザインされるなど、随所にかわいいポイントが

1号車にあしらわれたステンドグラス。車内では木の温もりも感じられた

ランチョンシートやカトラリーまでかわいい


久大本線で癒やし旅を

そんな「或る列車」が走る久大本線(福岡県の久留米駅と大分県の大分駅を結ぶローカル線)では、大自然あふれる魅力的なスポットを楽しむことができる。

幻想的なムードを漂わせているストロベリーナイト

“フルーツ王国”としてPRに力を入れているうきは市では、土曜日限定で行っている“夜のいちご狩り”イベント「ストロベリーナイト」がおすすめ。ライトアップされた幻想的な雰囲気のハウス内でいちご狩りが楽しめるのだ。時間は無制限で食べ放題!記者は、紅ほっぺ・恋みのり・さがほのか・スターナイト・ほしうららを食べてきたのだが、食べ比べが楽し過ぎて「あと1個だけ、あと1個だけ…」と、延々と同行者たちと盛り上がってしまった。「夜にいちごを食べまくっている」という背徳感もたまらない。

紅ほっぺや恋みのりを食べ比べることができた。記者は、サッパリしつつもしっかり甘いさがほのかが気に入った

ストロベリーナイトを実施している「よかもんいちご」のハウス内の様子


■よかもんいちご 住所:福岡県うきは市浮羽町三春2495-2 電話:090-9790-0742 受付時間:10時~15時(ストロベリーナイト土曜19時~20時) 休み:月・金 ※いちご狩りは12月上旬〜5月中旬までの火・水・木/土・日・祝。完全予約制

美しい山々に囲まれる水郷・日田エリア

北部九州のほぼ中央に位置し、阿蘇、くじゅう山系や英彦山(ひこさん)系の美しい山々に囲まれる水郷・日田エリア。そんな日田に2つあった城下町のひとつ・豆田町は、江戸時代からの町並みが残り、観光スポットとしても人気あり!当時の商家や土蔵が多く残る古い町並みが大切に保存され、国土交通省の「美しいまちなみ大賞」を受賞すると共に、重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。江戸後期に建築された建物が並ぶ豆田町商店街の魚町(いおまち)は、“映えスポット”としておすすめしたい。

豆田町商店街の魚町の様子。一軒一軒異なる特徴を持つ建物からはさまざまな時代の跡が見て取れる

日田市は「進撃の巨人」原作者・諫山創さんの故郷で、同作の聖地にもなっている


■廣瀬資料館 住所:大分県日田市豆田町9-73 電話:0973-22-6171

現代美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」の外観(c)Masaki Hamada (kkpo)

由布岳が出迎える湯布院エリアでは、2022年に新館がオープンした現代美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」を一押し!隈研吾さんが設計したこのミュージアムでは、現代アート界の最先端で活躍する面々、草間彌生さんや村上隆さん、奈良美智さんらの作品を楽しむことができるのだ。草間彌生さんの「かぼちゃ」や「Infinity-Nets」などは、水盤(浅い水面)を挟んだガラス越しに向かい合う2室に展示されていて、展示空間そのものもユニーク。また、本館2階のオープンギャラリーにある約3メートルの巨大な白い犬のオブジェは、撮影スポットとしても人気を博していたので要チェックだ。

向かい合う2つのギャラリーの間には水盤が配置されている ※2017年撮影(c)NHN JAPAN Corp.

「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」のオープンギャラリーにある巨大なオブジェ「Your Dog」(c)Yoshitomo Nara 2017


■COMICO ART MUSEUM YUFUIN 住所:大分県由布市湯布院町川上2995-1 

ちなみに、久大本線の魅力はJR九州の「特急 ゆふいんの森」でも体感することができるので、九州を旅する際は併せてチェックしてみては?

メタリックグリーンの外観が目を引く「特急 ゆふいんの森」

JR由布院駅の1番ホームの奥にある、穴場の足湯スポット。大人200円でタオル付

散策に疲れたら、列車や風景を眺めながら足湯を楽しもう


取材・文/平井あゆみ

※新型コロナウイルス感染症対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る