電子レンジ調理で焼き目が付く!?便利な調理器具「レンジメートプロ」で作れるあったかレシピを紹介!

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

電子レンジで温めるだけで、焼き目をつける調理が実現する電子レンジ専用調理器「レンジメートプロ」をご存知だろうか。昨年(2023年)、世界累計出荷台数500万台を突破し、今なおヒットを続けている電子レンジ専用調理器だ。今回は「レンジメートプロ」の魅力とともに、「レンジメートプロ」で作ることができる、寒い冬にぴったりなあったかレシピを紹介する。

電子レンジ専用調理器の「レンジメートプロ」とは?

レンジメートプロ 税込1万2650円(メーカー希望小売価格)

「レンジメートプロ」は、火を使わずに、さまざまな食材で、焼く、炒める、煮る、蒸す、茹でる、炊く、温め直すなどの多種多様な調理に活用することができる調理器具。使用方法は、食材を並べ、フタをして電子レンジで加熱するだけ。

ポイントは、特許取得(※1)の特殊構造。電子レンジのマイクロ波を吸収する構造になっており、加熱プレートの温度は340度(※2)まで上昇するため、電子レンジの調理で焼き目をつけることができるのだとか。
※1 日本特許第5344638号
※2 500Wで6分加熱した場合(メーカー調べ)

コンロを使わないので、ほったらかし調理も実現。料理好きや一人暮らしの方にはもちろん、子どもでも安心して使うことができる。自分用としての購入はもちろん、新生活や引っ越し、結婚のお祝いなどのギフトにも喜ばれる製品だ。

さまざまな調理方法が実現する「レンジメートプロ」

一番の特徴は、電子レンジ調理なのに焼き目が付くこと。焼き塩サバであれば、たったの4分(※)でグリルで焼いたような香ばしい焼き目がつき、ふっくらジューシーな仕上がりになるそうだ。
※600Wのレンジで調理した場合

【写真】しっかりと焼き目をつけることができる


油跳ねや匂いを最小限に抑えることができるので、お手入れが簡単なのも魅力的。ほかにも、お米を炊いたり、揚げ物の食感を損なわずに温め直したり、ブロッコリーを茹でたりと、さまざまな用途に使うことができる。

総菜の温め直しにもぴったり


「レンジメートプロ」で作るあったかレシピ

今回は、「レンジメートプロ」が提案する、冬にぴったりのゲンコツサイズのハンバーグレシピを紹介。電子レンジの調理で、ハンバーグを焼くことができるとは驚きだ!できたてをそのまま食卓に出せば、しばらく保温効果が続くうえ、洗い物を減らすことができるので、お家パーティーにもぴったりな一品だ。

肉汁と溢れ出るチーズに大歓喜!チーズインハンバーグ

材料(1、2人分)
・ハンバーグ用ひき肉 230グラム
・にんにく 5グラム
・玉ねぎ 約1/3個(60グラム)
・塩 3グラム
・コショウ 少々
・ナツメグ 少々
・パン粉 15グラム
・牛乳 大さじ1と2/3
・全卵 1/2個分(約25グラム)
・ピザ用チーズ 50グラム
・マッシュルーム 約3、4個(50グラム)
・しめじ 約1/4株(40グラム)
【A】
・にんにく 5グラム
・玉ねぎ 30グラム
・オイスターソース 大さじ2/3
・赤ワイン 大さじ2
・中濃ソース 大さじ2
・ケチャップ 大さじ1と1/3

作り方
1. ハンバーグ用の材料のにんにく、玉ねぎをみじん切りにする。
2. ハンバーグ用の材料をすべてボウルに入れ、しっかり粘りが出るまで混ぜて練る。
3. Aのにんにくと玉ねぎをすりおろす。Aをすべて合わせてしっかり混ぜる。
4. マッシュルームは7ミリ厚のスライスにして、しめじはばらしておく。
5. 2のハンバーグの中にチーズを入れて丸めたあと、平たく伸ばす。「レンジメートプロ」に置き中央は少し窪ませて広げたあと、周りに4のきのこを敷き詰め、フタをして600Wで3分40秒加熱する。5ができたら、ハンバーグを裏返してソースを入れてフタをし、さらに600Wで4分40秒加熱する。

そのほか、公式Instagramではさまざまなレシピが公開されているので、チェックしてみて。この冬は「レンジメートプロ」を使って、簡単においしい料理を作ってみよう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る