ロースタリー 東京が5周年に。記念アートとともにアニバーサリーが開幕!

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

世界に6店舗のみ存在し、日本には東京・中目黒川沿いに2019年2月28日に誕生した「スターバックス リザーブ ロースタリー(R) 東京(以下、ロースタリー 東京)」。スペシャルなドリンクやフード、グッズを求めて世界中から人が集まる、スターバックスの中でも特別な場所だ。今年は、5周年を迎えるアニバーサリー イヤーで、記念アートが誕生。そのストーリーを追った。

ロースタリー 東京の物語が編み込まれた特別なサイレン

未来へ歌声を届けるように空へと手を伸ばし、「5」をかたどったポージングのサイレン。5周年のアニバーサリー アートだ。

アニバーサリーで描かれたサイレン


サイレンの中を見ると、ロースタリー 東京にまつわるさまざまなモチーフが織り込まれていることに気付く。ロースタリー 東京の建物の庇、コーヒー豆の焙煎機、目黒川に舞う桜の花びら、コーヒーチェリー、星…そしてラテアートを思わせるサイレンの尾…。

手掛けたのは、シアトルを拠点に活躍するアーティスト・太田翔伍さん。作品の中にさまざまなモチーフを描く作風が特徴で、「これまでかかわってきた人や物を落とし込むのが僕の作品のスタイル。友人の顔とかね(笑)」と、太田さん。今回のアートにもロースタリー 東京やスターバックスにまつわるモチーフをたくさん落とし込んでいる。サイレンが棲む海を感じさせるブルーのグラデーションは、太田さんの出身地・岐阜県の郡上八幡に伝わる天然藍からインスピレーションを得ているそう。

太田翔伍さん


「最初から“5”の形にしたいというのは自分のなかで決まっていて、アイコニックなものにしたいと思っていました。5周年、目黒川、隈研吾さんの設計…といろいろな要素をわかりやすくひとつのものに取り入れることがチャレンジでしたね」と語ります。制作にあたって、ロースタリー 東京やスターバックスにまつわる多くのインタビュー動画などにも目を通し、ここをつくり、ここで働く人たちの想いを吸収していったと言う。そうした想いをのせてできたのがこのアートなのだ。

実は太田さんとスターバックスとの縁は深く、始まりは2012年に手掛けた米スターバックスのポスターから。以来、米スターバックスのカップ、店舗の壁や窓などをデザイン。日本でも、ハミングバード プログラムのカードやカップ、「銀座松屋通り店」の壁画などを手がけている。スターバックスの印象を「パートナー(従業員)の方たちがスターバックスのことが大好きで、温かな人が多いですよね。こんな会社、ほかにない」と教えてくれた。

スターバックスにまつわる動物たちもアートに

アニバーサリーアートにはサイレンに加え、動物たちも描かれている。コーヒー豆の三大生産地から南米のケツアール、アフリカのアフリカゾウ、アジアのスマトラタイガー。そして、スターバックスの名前の由来となった小説「白鯨」から鯨と、日本の国魚の鯉の姿も。天の川のように流れる星やコーヒー豆は、目黒川をイメージ。約50年前に始まったスターバックスの航海が、コーヒー生産地の情熱をのせてロースタリー 東京にたどり着くまでの旅物語を表現しているという。
「これらが皆集まり、いっしょに盛り上げていきましょうという気持ちを込めています」

サイレンを含むこれらのアートは、5周年記念アイテムとしてタンブラー、マグカップ、サコッシュ、プレートのほか、コーヒー豆のテイスティングノートとして最適な「コーヒーパスポート」などにデザインされる予定だというので、楽しみだ。

アニバーサリー アートのドレスコードを制作

パートナーとバンダナを作るイベントを開催

そしてこのアニバーサリー アートは、ロースタリー 東京のパートナーが身に着けるバンダナになる。しかもパートナーが太田さんと一緒に、シルクスクリーンプリントで制作したのだ。バンダナの上に版を置き、その上に直接インクをのせ、長いヘラをゆっくりと、均等に力がかかるように二人がかりで手前に引いていくと刷り上がる。郡上八幡はシルクスクリーン発祥の地でもあり、イベントには太田さんの地元の仲間もサポートとして加わり、和気あいあいとした和やかな雰囲気に包まれた。

自分で作るからこそ想いも強くなる

刷り上がり直後のバンダナ。乾燥させたら完成だ


ロースタリー 東京はフロアごとに、コーヒーを楽しむ「メインバー」、ティーを体験する「TEAVANA(TM) (以下、ティバーナ(TM))」、コーヒーカクテルが体験できる「ARRIVIAMO(TM) BAR(以下、アリビアーモ(TM) バー)」があるほか、ベーカリー「PRINCI(R)(プリンチ(R))」、コーヒー豆の管理や焙煎など、さまざまな部門で働くパートナーがいる。アートを見て、5周年という重みにオープン当時を振り返ったり、自らの仕事にまつわるモチーフに歓喜したりと、それぞれがこのサイレンを通して思いを馳せているようだ。

バンダナの柄は2種類、色は3種類ある


3日間で約150人が参加し、太田さんから直接、アートにまつわるストーリーも聞き、つながりのある太田さんが手がけてくれたことを、「パートナーと呼んで一緒に働く仲間を大切にするスターバックスらしくて、うれしい」と、プリンチの香田さん。アリビアーモの山本さんは「コーヒーだけでなく、ティーも、お酒もある、ここでしかできない体験をより多くの方に届けたい」と、決意を新たに。抹茶を求める海外からのお客様が多いというティバーナの穂積さんは、「このアートを見て、海外の方も日本の方も、いらっしゃる方がみんな同じ気持ちになれたらいいな」と願っていた。

バンダナはロースタリー 東京が5周年を迎える2月28日(水)から、パートナーが身に着けるという。ここから、私たちが体験できるさまざまな記念イベントも行われるというので、楽しみだ。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る