良縁を呼びたい時は「32」、テンションが上がらない時は「13」…琉球風水志シウマが“数字が持つパワー”を解説!

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

人気番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)などでおなじみの琉球風水志 シウマさん。2024年2月に発売された新刊「琉球風水志シウマの開運“福”部屋マニュアル」では、ありそうでなかった「引越」や「家探し」による開運術を徹底解説している。

その中から一部を抜粋して開運アクションを紹介する。今回のテーマは 「数字を使った開運アドバイス」

琉球風水志シウマさん


新しいチャレンジは○時1分か11分に始めて

何か新しいことにチャレンジしたいと考えているなら、○時1分や11分に家を出たり、勉強を始めたりしましょう。1という数字はエネルギッシュでスピード感がある数字なので、いいスタートが切れるはずです。

良縁を呼び込みたいときは32を味方に

いい相手とめぐり会いたいなら、出会い運に強く良縁を呼んでくれる32の数字を使って。プロフィール画面に入れたり、○時32分にメールを送ったり、マッチングアプリに登録したりすると○!

ノリがよくなる13でテンション爆上げ

なんとなくテンションが上がらない……、そんなときは13種類の 食材で料理を作ったり、○時13分に行動を始めたりしてみて。使えば使うほど、エネルギッシュになっていきます。

イラスト=サカイユカリ


ロッカーや新幹線の座席も吉数に

私の今のスマホの待ち受けは、今年の吉数の写真にしています。また、ジムのロッカーや居酒屋の下駄箱などを選ぶ際は、自然と吉数に目がいき、凶数を選ぶことはありません。さらに、初めてのスタッフと仕事をするときなどは、土壇場に強い23を使いたいので、家を○時23分に出たり、飛行機の座席番号を23にしたりしています。

本記事を収録した新刊「琉球風水志シウマの開運“福”部屋マニュアル」KADOKAWA

琉球風水志 シウマ :1978年生まれ、沖縄県出身。琉球風水師である母の影響で琉球風水を学び始めたのち、姓名判断や九星気学などを基にした独自の「数意学」を考案。これまでに延べ5万人以上を鑑定、多くの企業経営者、著名人からの支持を得ている。主な著書は「シウマさんの琉球風水開運術!」(KADOKAWA)、「琉球風水志シウマの恋占い」(SDP)ほか。多くのメディアやイベントへの出演のほか、YouTube( @ryukyu-shiuma )での動画配信も行っている。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る