コーヒーで旅する日本/四国編|あらゆるコーヒーの現場を経たからこそ。「カモ谷製作舎ノKOFFEE SHOP」が体現するお客目線の大切さ

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

全国的に盛り上がりを見せるコーヒーシーン。飲食店という枠を超え、さまざまなライフスタイルやカルチャーと溶け合っている。瀬戸内海を挟んで、4つの県が独自のカラーを競う四国は、県ごとの喫茶文化にも個性を発揮。気鋭のロースターやバリスタが、各地で新たなコーヒーカルチャーを生み出している。そんな四国で注目のショップを紹介する当連載。店主や店長たちが推す店へと数珠つなぎで回を重ねていく。

コーヒーはハンドドリップと、スイス製ドリップマシン・TONEで提供


四国編の第15回は、徳島県小松島市の「カモ谷製作舎ノKOFFEE SHOP」。店主の岡﨑さんは、バリスタとして3年、生豆卸の会社で3年、焙煎機メーカーで8年と、コーヒーに関するあらゆる仕事に携わってきた稀有なキャリアの持ち主。と聞くと、いかにも専門店といったイメージを抱くが、さにあらず。のどかな田園地帯に構えた店には、コーヒーの味作りはもちろん、ネーミングやパッケージまで、お客目線の工夫が随所に凝らされている。地元に根付いてコーヒーの醍醐味を広める、肩肘張らない提案の数々は、長年、積み重ねた経験の賜物。2023年に移転リニューアルを経て心機一転、早くも徳島のコーヒーシーンで存在感を発揮する気鋭の一軒だ。

店主の岡﨑さん


Profile|岡﨑裕樹(おかざき・ゆうき)
1982年(昭和57年)、徳島県生まれ。東大阪で会社勤めを経て、ラテアートの本をきっかけにバリスタに転身。大阪のカフェで3年勤めた後、神戸の生豆卸・マツモトコーヒーに入り、豆の焙煎、販売などを経験。その後、焙煎機メーカー・富士珈機に転職し、大阪、東京で焙煎機の販売・設置工事、メンテナンスやセミナーを担当として8年勤め、地元徳島にUターン。阿南市の加茂谷で地域おこし協力隊として活動すると共に、2020年に「カモ谷製作舎」を開店し、奥様の有美さんが手掛ける衣料や地元の産品も販売。2023年に小松島市に移転し、「カモ谷製作舎ノKOFFEE SHOP」としてリニューアルオープン。

コーヒー加工の上流から下流までをあまねく経験

店の外壁には地元・徳島産の杉板を使用

きっかけは、書店でたまたま目にしたラテアートの本。「ちょっとおもしろそうだな、という直感みたいなもので、バリスタを目指したのが今に至る原点」という店主の岡﨑さん。地元を離れて大阪で会社勤めをしていたが肌になじまず、徳島に戻っていた頃のことだ。それまでコーヒーは飲めなかったにもかかわらず、自らの心の動きを信じて進んだコーヒーの世界。そのときは、思いのほか長い付き合いになろうとは、本人も考えてなかったかもしれない。当時はバリスタの存在が、まだ知られていなかった時代、本格的なエスプレッソマシンを扱える場も貴重だった。「人と話すことが好きで」という岡﨑さんには、接客しながらコーヒーを淹れる現場は水が合った。

築80年を超える民家を改装した空間。以前使われていた家具・調度も再利用している


仕事をするうちに苦手なコーヒーも飲めるようになった岡﨑さんが、やがて方々のカフェを巡るようになっていた。その中で大きな転機となったのが、本連載でもたびたび登場した神戸のロースター・LANDMADE店主の上野さんとの出会いだった。実は当時、上野さんが働いていたカフェと、岡﨑さんのいた店は同じビルの上下階にあり、互いに話をするようになったのが縁の始まり。この出会いがなければ岡﨑さんの進路も今とは違ったものになっていたかもしれない。

仕事の傍ら、上野さんと共に競技会に出場するなどして腕を磨き、原料のコーヒー豆にまで興味を深めるようになった岡﨑さん。バリスタとして3年を経て、神戸の焙煎卸業者・マツモトコーヒーに転身したのは、先に入社していた上野さんの誘いもあってのことだった。「豆の小売りをしつつ焙煎も携わりましたが、最初は全然わからなかった。それでも、当時のコーヒーの最前線の現場にいたので、一般に知ることがない原料や流通のリアルな事情や、サードウェーブ到来前に苦労して広めてきた足跡を知ることができました。何より、さまざまな卸先を見るなかで、商売の難しさを体感したのもこの頃でした」

大きな窓の向こうにはのどかな田園風景が広がる。奥の山を越えるとすぐ阿南市に入る


また、この間に得た、AMAZING COFFEE ROASTERの高橋さんとの出会いも、大きな縁のひとつ。「競技会で使う原料を求めて訪ねてこられたのがきっかけで、2012年に高橋さんが独立開業するタイミングで、上野さんを誘って3人でコーヒーの勉強会を始めたんです」。当初は内輪の情報交換の場として始まったが、折しも同時期に上野さんが、COEを主催するALLIANCE FOR COFFEE EXCELLENCE(ACE)の焙煎トレーニングに参加。今ほど焙煎に科学的な視点がなかった時代、貴重な経験を勉強会で共有し、世界の潮流にいち早く触れたことで、「焙煎に対する考え方がガラッと変わりました」と振り返る。2012年から始まった焙煎の競技会、ジャパン コーヒー ロースティング チャンピオンシップ(JCRC)にも毎年、勉強会のメンバーが参加し、2016年から5大会連続で優勝者を輩出。この会の存在は全国に広まり、今では“焙煎世界一”を合言葉に研鑽を重ねる場にまでなっている。岡﨑さんは、その始まりに立ち会った、オリジンの一人でもある。

マツモトコーヒーでの濃密な3年を過ごしたあと、さらに大阪の焙煎機メーカー・富士珈機に移り、焙煎機の販売・設置工事、メンテナンス、焙煎セミナーの担当などを経験。コーヒーの提供に始まり、豆の焙煎・卸、さらには機器の扱いに至るまで、コーヒーの加工のすべてに携わってきた岡﨑さんのキャリアは稀有な存在だ。

ドリップコーヒーは、ブリュワー450円、ハンドドリップ500円と価格帯を変えて提案


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る