大人気実況者も推薦!拉致された3人の男女、そしてそこに潜むのは異形の存在。彼らはどのような結末を迎えるのか?小説「壊胎」が魅せる、手に汗握る展開

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

閉鎖された空間に漂うのは、”人間とは思えない何か”の気配。私たちは、一体何のために、誰にここに連れてこられたのか──。

この緊迫感溢れる導入で始まる小説「壊胎」は、TRPGシナリオでは異例の2.5万超えを記録する大人気シナリオ「壊胎」を原案とした物語であり、「壊胎」のシナリオ作者・配信者としてTRPGマーケットの最前線で活躍しているむつーさんが自ら監修した小説(執筆協力:黒十字、イラスト:東西/KADOKAWA)だ。

予約開始時にはAmazonランキングで1位になるなど発売前から話題になり、大人気実況者である「〇〇の主役は我々だ!」のシャオロンさんや日常組のトラゾーさんなど帯には多方面から推薦文が寄せられている。

TRPGシナリオの同作品をプレイした読者には「小説ならではの『壊胎』体験」を、初めて「壊胎」に触れる読者には「壊胎」の魅力を凝縮して味わえる作品となっている。

本書には、閉鎖された船内を舞台に、驚愕と恐怖、ヒューマンドラマが渦巻く物語展開が描かれている。下記はそのあらすじ。

小説「壊胎」


【あらすじ】
物語は、真っ暗な部屋の中で2人の知らない男女に起こされる場面から始まる。
自分たちは拉致されたらしいという推測の元、主人公はおぼろげな自身の記憶を手繰り寄せながら生き抜くための情報を集めていく。

「ギダギド・デダデラバ」
「……ゴドジョクダ・ガロバイミ・ ゴズグダク・ジャメムバダ」

突如聞こえてきた会話のようなもの。
声質は不可解で、それは人間のものとは思えない。全く覚えのない言語。
しかし、それは明らかに主人公たちの部屋に向かっている。
異形の存在が彼らを支配し始めるとき、果たして彼らはこの恐怖と戦い、生き延びることができるのだろうか。

壮大な“壊胎”の世界にどっぷりとつかれること間違いなし。魅力的なストーリー展開、メインキャラクターである3人のそれぞれの決断に読者は一気に引き込まれるだろう。

拉致された3人の男女

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る