糖質ケア中の白米好きに朗報!混ぜるだけで糖の吸収を穏やかに?日本初の調理料を使ったご飯を食べてみた!

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

新生活が始まる4月は、普段の生活習慣や食事の内容を見直す絶好のチャンス!特に筋トレやダイエットで糖質ケアを行う人は、野菜から食べたり玄米を食べたり工夫している人も多いのでは。それでもやっぱり大好きな白米をかきこみたい!そんな人にぴったりの新商品を発見!混ぜて炊くだけでおいしさはそのままに、白米の糖の吸収を穏やかにしてくれるという夢の商品「白米どうぞ(R)」。今回は実際に「白米どうぞ(R)」を試してみて、使い方や味をリポート!

味の素から3月に発売された「白米どうぞ(R)」


白米どうぞ(R)とは

左から、「白米どうぞ(R)」1合分スティック7本入袋、「白米どうぞ(R)」30合分

白米どうぞ(R)は、味の素株式会社から2024年3月21日に味の素ダイレクトにて発売された、糖が穏やかに吸収されるご飯が炊ける革新的な炊飯器専用調理料。酵素の働きで白米のでんぷんが分解されにくい構造になることにより、おいしさはそのままで糖の吸収を穏やかにすることができるそう。1合分のスティックが7本入ったタイプと30合分の調理料が入った袋タイプの2品種が販売されている。

糖質ケア市場の拡大

【画像】糖の吸収抑制機能製品の市場規模(※富士経済調べ)

実は糖質ケア関連の市場は年々拡大中。糖質は摂りすぎると健康課題が生じる恐れがあるため、健康意識の高まりとともに、糖の吸収抑制機能関連製品の国内市場規模は、2015年から年平均で約13%伸長、2022年は約943億円にまで拡大している(※富士経済調べ)。

需要の拡大する市場で「白米どうぞ(R)」の画期的な点は、普段の「白米」の食生活のままで糖質ケアを実現できるということ。食事制限の負担なく健康に気遣える点が魅力的だ。

いざ体験!「白米どうぞ(R)」でお米を炊いてみた

1本1合分のスティックを洗米後、炊飯前に混ぜるだけでOK。

今回はスティックタイプを使用して検証する。いつも通り白米を研ぎ、いつもの水加減に「白米どうぞ(R)」を追加。1本1合分なので、炊く量に合わせて入れたあと、軽く2、3回混ぜていく。

入れて混ぜるだけの簡単な作業で手間要らず。

あとは通常の炊飯モードでいつも通り炊くだけ。早炊きは効果がなくなってしまうそうなので注意。出来上がったお米は…。

炊き上がった白米。一見普段となんの変わりもない。


匂いもいつもどおりの炊き立ての白米のいい匂い。

左から「白米どうぞ(R)」使用のご飯、右が未使用のご飯


茶碗によそって確かめてみても、色、香りともに際立って変化している点はなく、白米そのままの印象だ。

本当においしさはそのままなのか?白米どうぞ(R)使用のご飯と通常のご飯を食べてみた!

「白米どうぞ(R)」ご飯、いざ実食!

現状、見た目、香りともに白米そのままだった本商品。果たして肝心の味の変化はどうなのか。いざ実食してみると、全然違いがわからない!いつもどおりほんのり甘くておいしい白米の味でまさに「おいしさそのまま」。これで玄米並みの糖の吸収速度まで下げることができるのは、糖質ケアを行う人々には朗報なのでは。

新しい生活に向けて、4月は日々の食生活を見直す良いタイミング。糖質ケアを行っている人には、気兼ねなく白米を食べられるうれしい新商品なので、ぜひ一度試してみて。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る