都心で幻想的な蛍&特別料理を楽しみたい!ホテル椿山荘東京で「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」実施中

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

1952年開業の「ホテル椿山荘東京」は、都心にありながら、森のような庭園のなかに建つホテル。現在、幻想的な蛍の飛翔を楽しめるイベント「ほたるの夕べ」を開催中で、「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」など、蛍にまつわる料理も用意している。

幅広い世代に人気!特別な料理が楽しめる「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」。約50種のバラエティに富んだメニューがそろっている


「いつの時代も、その時代が必要とするオアシスであり続ける」という想いを持つ同ホテルは、散策できる広大な庭園も魅力のひとつ。国の有形文化財である三重塔や茶室、史跡を有しており、さらに春の桜、きらめく新緑、初夏の蛍、夏の涼やかな滝のしぶき、紅葉、雪景色の中の椿と、四季の風情も楽しめるのがポイント!東京にいることを忘れさせてくれる特別感のあるスポットだ。

【写真】ホテル椿山荘東京の庭園に飛び交う蛍

「ホテル椿山荘東京」のプライベートホタルナイトの様子


そして、2024年6月30日(日)まで実施している「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」(平日大人<一般>1万3500円~/※期間中、特定日に実施)も見逃せない。初夏の風物詩「ほたるの夕べ」70周年を記念して、「サーロインローストビーフ」などの人気メニューや、“庭園の蛍の光”をイメージした季節感あふれる品々(サラダや蕎麦料理)を展開中なのだ。

ほかにも、揚げた米茄子を出汁で炊いた名物の「米茄子の鴫(しぎ)炊き」や、ホテル伝統の味「冷やし煮物」など、贅沢な美味は必食。大人向けの「本鮪握り寿司 二種食べ比べ」、子ども向けの「ほたる支配人の焼印入りハンバーガー」といった特別メニューも要チェックだ。

ビュッフェでは、大人は「本鮪握り寿司二種 食べ比べ」を楽しめる

ビュッフェでは、小学生・幼児の子どもは、ほたる支配人のフードコーナーで「ほたる支配人の焼印入りハンバーガー」「スイーツバッグ&デコレーションシール」「ラムネ飲料」を楽しめる


ビュッフェではそのほか、目の前で仕上げるピスタチオのモンブランなども新登場。庭園の蛍とともに、ぜひ食事も堪能してほしい。

同所は「日本夜景遺産」に登録されている

散策できる広大な庭園

ミストで“びしょ濡れ”!全身で涼を感じるイベント「雲海スプラッシュ」は7月1日(月)から開始


取材・文=平井あゆみ

「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」
開催日:6月7日~17日(月)、20日(木)~30(日)
※開催日程は変更となる場合あり。
※最少催行人数に満たない場合や、会場都合により中止となる場合あり

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る