サービスいっぱいの“温故知新”銭湯 〜寿湯〜

2010年1月19日 12:15更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今回は台東区の寿湯さん。1952年創業で外観は古くて立派な建物なんですが、中身はただの銭湯じゃありません。ご主人が大叔父様から家業を継いだのが01年。そこから古い建物の良さを残しつつ4度改装。脱衣場に始まり、マッサージ風呂に露天風呂(現在は水風呂)、09年4月には使わなくなったまき置き場を露天風呂に。珍しい洞窟“水風呂”まで誕生させ、新しい魅力満載の銭湯に変身しました。中でも露天風呂の広さは半端ないです。スーパー銭湯なんかと変わらない広さ。温度も入りやすいぬるめに設定されてて、ゆっくり楽しめます。

それじゃもの足りないという常連さんのために、内湯の一つは45度前後の熱いお湯にしてある。そして銭湯では珍しいボディソープとリンスインシャンプーが無料で使えるなど、普通の銭湯では考えられないサービスがあります。これで450円なんだからすごい! 「お客さんの期待に応えられる銭湯にしたい」というご主人。理想の銭湯を求めまだまだ進化中の寿湯。至れり尽くせりのサービスに5つ星差し上げます!【東京ウォーカー12/21発売号に掲載】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る