【埼玉・幸手】煮干しラーメンの新星!煮干しの風味を凝縮した美しく繊細な一杯

2017年10月7日 12:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

上尾「よしかわ」の味に感動し、PCエンジニアからわずか2ヶ月でラーメンの世界へと転身。持ち前の料理の腕に食べ歩きで得た経験値をプラスし、魚介素材を巧みに扱う。看板メニューは屋号にもある煮干しラーメンとローストビーフ丼のみ。オープンから日は浅いが、老若男女の支持を受けている。

元の店舗を居抜きで使用。居酒屋の名残りが残るカウンターのみの店内。オレンジののれんが出ていたら営業中。店前に1台分の駐車スペースがある
すべての画像を見る(4件)

煮干ラーメン(白)

【写真を見る】煮干しラーメン(白) 550円。手間をかけたスープは全体をまろやかな旨味で包み込む

大量のシロクチイワシの煮干しを強火にかけ、冷めたらひたすら煮干しを砕く。手間をかけたスープには強烈な煮干し香が移り、全体をまろやかな旨味で包み込む。
■ラーメンデータ<麺>中太・角・縮れ/製麺所:野口製麺所・140g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=煮干し油/濃度: ふつう/種類:魚介(煮干)

メニューごとに魚介素材を変える

店主が厳選したヒラコ、シロクチ、サバ節の魚介素材

店主が厳選した魚介素材は、ヒラコ、シロクチ、サバ節の3種類。「白」にはシロクチのみ、「青」にはヒラコとサバ節を使用し、味の違いを生み出している。

煮干しラーメン(青)

煮干しラーメン(青) 550円。「白」よりも多層的でコクのある魚介風味と余韻が特徴

煮干しとサバ節が見事に調和し、「白」よりも深みのある魚介風味と余韻が特徴。モチモチ食感の中太縮れ麺とも相性がよく、人気急上昇中のメニューだ。【東京ウォーカー】
ラーメンウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る