【埼玉・本川越】自家製のトロトロ角煮!生キャベツと相性抜群の熊本系ラーメン

2017年10月6日 21:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

約6年の修業を経て独立した店主。角煮や生キャベツが添えられた熊本系ラーメンをメインに、多彩なメニューを展開する。じっくり煮込んだ豚骨スープは、一定の濃度になるよう厳しく管理されたマイルドな口当たりが特徴。そこへ特製マー油を浮かべて、コク深い一杯に仕上げている。

カウンター前面に厨房があり店主の手際のよい仕事ぶりがうかがえる
すべての画像を見る(5件)

蓮馨寺の立門前通りにある店舗。入口にメニューや味のこだわりが貼り出されている

特製角煮(950円)

【写真を見る】豚頭を9時間以上煮込んだ、ほとんど臭みがないまろやかな豚骨スープ!具材のキャベツや角煮などの食感の違いが楽しめる「特製角煮」(950円)

しっかり下処理された豚頭を特注釜で煮込むこと9時間以上。ほとんど臭みのないまろやかな豚骨スープが完成する。キャベツや角煮など食感の違いを楽しみながら味わえる。
■ラーメンデータ<麺>中細・丸・ストレート/製麺所:非公開・130g<スープ>タレ=塩・仕上げ油=マー油/濃度:ふつう/種類: 豚骨

店内仕込みのトロトロ角煮

国産バラ肉の余分な脂を取り除きながらじっくりと煮込んだ角煮

国産バラ肉を塊で仕入れ、余分な脂を取り除きながらじっくりと煮込んだ角煮。特製の甘辛ダレが染み込んだその味は、みずみずしいキャベツとの相性を考えて作られている。

チャーシュー<白>(950円)

バランスのとれた豚骨スープに低加水麺を合わせ紅生姜と厚切りバラチャーシューが5枚も添えられた「チャーシュー」<白>(950円)

「白」メニューはマー油が入らない博多系を指す。バランスのとれた豚骨スープに低加水麺と紅生姜の組み合わせ。厚切りバラチャーシューが5枚のる。【東京ウォーカー】
ラーメンウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る