日光・いろは坂で紅葉のグラデーションを満喫!

2017年10月19日 19:22更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

その昔、修験者が開拓した坂道「いろは坂」。48のカーブがあったことから、「いろは歌」になぞらえて名付けられた。日本の道100選にも選ばれている。

明智平展望台からは秋の絶景が楽しめる


坂の頂上と麓の標高差が約440mあり、紅葉のグラデーションが楽しめる。

【写真を見る】カーブ沿いに広がる紅葉


坂の途中には「い」から「ん」までカーブごとに一文字ずつ看板が設置されている。

雄大な秋の光景が広がる


現在は、上りの「第二いろは坂」に20、下りの「第一いろは坂」に28、計48のカーブがある。

ロープウェイの眼下に広がる紅葉も必見


頂上付近には明智平展望台に続く「明智平ロープウェイ」が。展望台まではロープウェイで約3分だ。

中禅寺湖や華厳の滝など日光の名所を一望


展望台からは、中禅寺湖や華厳の滝などの名所が見渡せる。いろは坂で様々な紅葉を楽しもう。【ハイウェイウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る