【名物女将の店】小倉っ子が愛してやまない、焼きうどん発祥の店「だるま堂」

2017年10月26日 13:07更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

JR小倉駅南口より徒歩5分ほどにある、古きよき昭和の情緒が残る「鳥町食道街」。その一角にあり、小倉名物・焼きうどん発祥の店として知られるのが「だるま堂」だ。

暖簾の向こうには、昭和のノスタルジックな雰囲気が漂う


創業は終戦直後の昭和20年。物資が乏しかった当時、焼きそばに使うそば玉の代用として干しうどんを使ったところ、好評を得たのが始まり。70年以上変わらない味は、小倉の故郷の味として、人々に愛され続けている。

【写真を見る】「焼きうどん」(460円)は、昔と変わらず乾麺を使用。焼けたソースの香ばしさが食欲をそそる


メニューは「焼きうどん」(460円)と、目玉焼き入りの「天まど」(510円)の2種類のみ。焼きうどんは、キャベツやタマネギ、豚バラ肉を手早く炒め、細めのうどんを加えたら、あっさりとしたソースと魚粉で仕上げる。昔と変わらず乾麺を使用するため、粘り気がなく、程よい歯応えとツルッとなめらかな舌触りが特徴だ。

屋根からのぞく月をイメージした目玉焼き入りの「天まど」(510円)


屋根からのぞく月をイメージした「天まど」は、半熟卵が絡むことでソースの香ばしさにまろやかさが加わる。焼きうどんの量は控えめなので、足りない人は、ご飯(100円)を追加して一緒に食べるのがセオリー。ご飯を焼きうどんをのせて食べるのもオススメだとか。

2代目店主である坂田チヨノさん。手際の良さはさすがの一言


現在、店を一人で切り盛りするのは、2代目店主の坂田チヨノさん御年80歳。焼きうどんだけでなく、チヨノおばあちゃんの人柄に惹かれて店を訪れる常連客も多い。

チヨノおばあちゃんの人柄も「だるま堂」を支えてきた魅力にほかならない


地元・小倉っ子が愛してやまない焼きうどんと「だるま堂」。暖簾の先には、ほっとする懐かしさと温かみが待っている。

[だるま堂] 福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-17(鳥町食道街内) / 093-531-6401 / 12:00~17:30 / 木曜休み

【九州ウォーカー編集部/取材・文=前田健志、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】

パンフィールド

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る