マツダ・ロータリー特設ブースも!クラシック&レアカー集結「お台場旧車天国2017」

2017年10月23日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11月19日(日)、お台場・青海臨時駐車場の特設会場で「お台場旧車天国2017」が開催される。

会場風景(写真はイメージ)

会場風景(写真はイメージ)

すべての画像を見る(4件)

「お台場旧車天国2017」は、クラシックカーの総合イベント。全国から集まったクラシックカー&バイク700台や、貴重な国産・輸入クラシックモデルが集結する。メッサーシリーズ初の4輪モデル「Tiger」、飛行機型のモーターサイクル「パルス」、「昭和36年製消防三輪車」など、普段はお目にかかれないレア車両も登場予定だ。

【写真を見る】「コスモスポーツ」などマツダ・ロータリー車のブースも登場(写真はイメージ)

【写真を見る】「コスモスポーツ」などマツダ・ロータリー車のブースも登場(写真はイメージ)

また、マツダのロータリーエンジン誕生50周年を記念し、マツダロータリー車の特設ブースも登場。コスモスポーツ、初代RX-7、プログレスコスモをはじめ、ファミリアクーペ、サバンナRX-3、カペラロータリークーペ、ロードペーサー、ルーチェレガートなどが勢揃いする。

ボンネットバス試乗会(写真はイメージ)

ボンネットバス試乗会(写真はイメージ)

そのほか、試乗体験会やカー用品などの販売ブース、懐かしの昭和文化を体験できるスペースなど、イベント内容も充実。平成のお台場がレトロに染まる1日に、ぜひ足を運んでみて。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る