目黒川沿いに“冬の桜”!総延長2.2kmのイルミネーションが今年も開催

2017年10月24日 19:49更新

東京ウォーカー 末次延蔵

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

開催エリア周辺から回収した廃食油を利用し、100%エネルギーの地産地消を実現したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2017」が、11月10日(金)~2018年1月8日(祝)の期間、開催される。

イルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2017」が開催される

イルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2017」が開催される

すべての画像を見る(2件)

「ひと・企業・地域」が一体となることで鮮やかに体現される「みんなのイルミネーション」は、都内で唯一の市民アクションによるイルミネーションとして、新しく生まれ変わる街への愛着や誇りを育み、今年も「冬の桜」を咲かせることとなった。

【写真を見る】イルミネーション“冬の桜”は目黒川の水面に美しい煌めきを映し出す

【写真を見る】イルミネーション“冬の桜”は目黒川の水面に美しい煌めきを映し出す

42万個以上の桜色LEDによってなる冬の桜は、山手線内側最大規模となる両岸合計の総延長が約2.2kmにもなり、目黒川の水面に美しい煌めきを映し出してくれるだろう。歩きながらはもちろん、目黒川沿いはカフェやレストランなども多く、食事をしながらも楽しめる。家族や友人、恋人を誘って見にいってみては。【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る