豪雨の中での「喧嘩バトル」WTCC日本ラウンドでホンダ・シビックが大活躍!

2017年11月6日 13:31更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
メインレースを優勝したノルベルト・ミケリス

メインレースを優勝したノルベルト・ミケリス

すべての画像を見る(23件)

「FIA世界ツーリングカー選手権」(WTCC)の第8戦「RACE OF JAPAN」の予選および決勝(オープニングレース、メインレース)が2017年10月29日、栃木県・ツインリンクもてぎで行われ、ホンダ・シビックWTCCを駆るノルベルト・ミケリスが大活躍!メインレースの優勝を飾った。

喧嘩レースの異名を持つ世界選手権

いたるところで接近戦が行われた

いたるところで接近戦が行われた

WTCCは、F1やWEC(世界耐久選手権)、WRC(世界ラリー選手権)と並ぶ、FIA(世界自動車連盟)が管轄する世界選手権の一つで、ツーリングカー(改造市販車)の世界一決定戦。世界10か国を転戦しながら、マニュファクチャラータイトルとドライバータイトルが争われている。ほかのレースに比べて激しいぶつかり合いが許容されており、「喧嘩レース」「自動車レースの格闘技」の異名を持つ。

今年は、「ホンダ」(CIVIC)と「ボルボ」(S60)の2大ワークスがしのぎを削る展開。各陣営とも3台体制で選手権に参戦している。

今年からWTCCフル参戦した道上龍

今年からWTCCフル参戦した道上龍

特に「ホンダ」はドライバーに経験抱負なティアゴ・モンテイロ、若き実力者ノベルト・ミケリス、そして今年から日本国内レースで活躍してきたベテランの道上龍を初のフル参戦させるなど、充実したラインアップで悲願のタイトル獲得に挑んでいる。第8戦のもてぎラウンドは、「ホンダ」のホームコースで行われる重要な戦いだ。

大雨の中、予選と決勝が同日開催。予選は「ホンダ」ミケルスがトップタイム

2017年10月23日に上陸した超大型の台風21号の影響により、レース車両や資材の搬入が遅延。そのため28日に行う予定であった予選が、翌29日の午前中に順延。予選と決勝レースが同日開催となった。

ティアゴ・モンテイロの代役としてホンダ入りしたエステバン・グエリエリ

ティアゴ・モンテイロの代役としてホンダ入りしたエステバン・グエリエリ

台風22号の影響により大粒の雨が降り、コースの各所に川が流れるようなヘビーウェットコンディションの中、朝9時30分から公式予選がスタート。タイヤから巻き上がる水煙で視界が悪い中、ノルベルト・ミケリスが唯一2分8秒台に入る速さでほかを圧倒。2位と3位にボルボ勢が続き、その後ろをホンダ勢が並ぶ。期待の道上龍も5番手に入り、今シーズン最高グリッドを獲得した。

WTCC特有の「チームタイムトライアル」で「ホンダ」勝利!

チームタイムトライアルのMAC3に挑むホンダ勢

チームタイムトライアルのMAC3に挑むホンダ勢

予選終了後には、今年から始まったWTCCで始まったMAC3が開始。「マニュファクチャラー・アゲンスト・ザ・クロック」の略であるMAC3は、各マニュファクチャラーから3台が選抜され、給油とニュータイヤを装着し、一斉にスタート。2周の合計タイムを競い、上位からマニュファクチャラーポイントが加算されるというものだ。自転車レースのチームタイムトライアルをイメージするとわかりやすいだろう。エントリーするのは、「ホンダ」と「ボルボ」。

最後尾の道上は、少し離れてドライブ

最後尾の道上は、少し離れてドライブ

まずはホンダ勢からタイムアタック開始。予選トップ通過のノルベルト・ミケリスを先頭に、2番目には今回ティアゴ・モンテイロの代役として「ホンダ」入りしたエステバン・グエリエリ、3番手には道上龍が続く隊列だ。ハイペースで飛ばすミケリスに、グエリエリは好ペースで食らいついていくものの、道上はウォータースクリーンを避けてか、グエリエリから少し遅れて走行。出したタイムは4分25秒354。

MAC3に挑むボルボ勢

MAC3に挑むボルボ勢

続くボルボ勢は、予選で2番時計を叩き出したニッキー・キャッツバーグを先頭に、ストール・ジロラミ、テッド・ビョークが続く。

先頭をはしるニッキー・キャッツバーグに対して、ストール・ジロラミはついていくことができない

先頭をはしるニッキー・キャッツバーグに対して、ストール・ジロラミはついていくことができない

キャッツバーグは飛ばしていくものの、ジロラミはこれについていくことができず1周目を終えた段階で、ホンダ勢からは1.5秒のビハインド。この遅れは詰まることなく、「ボルボ」は「ホンダ」に対し2秒536遅れでフィニッシュ。午前中のセッションは、「ホンダ」の活躍が光った。

ドリフト世界一が魅せた!

TEAM TOYO TIRES DRIFTによるパフォーマンス

TEAM TOYO TIRES DRIFTによるパフォーマンス

決勝レースが始まるまでの間、コース上では今年初開催されたFIA公認ドリフト世界一決定戦の優勝者である川畑真人と、そのチームメイトで国内最高峰のドリフト大会「D1グランプリ」に出場する末永正雄が、メインストレート上でドリフトパフォーマンスを披露。雨で滑りやすい路面コンディションであるにも関わらず、川畑は得意の「ケツ侵入」やロングドリフトで会場を沸かした。末永も川畑より角度の深いドリフトで対抗。最後には1000馬力を優に超える2台のR35 GT-Rがドーナツターンをして、ドリフトの魅力を伝えた。

新型CIVIC TYPE Rを展示するホンダブース

新型CIVIC TYPE Rを展示するホンダブース

メインスタンドの裏手では、「ホンダ」がこの夏から発売したばかりの新型シビックTYPE Rを展示したほか、歴代のCIVICのツーリングカーを並べて訴求。

3代目シビック(通称、ワンダーシビック)をベースとして、1987年の全日本ツーリングカー選手権を席巻した無限MOTULシビック

3代目シビック(通称、ワンダーシビック)をベースとして、1987年の全日本ツーリングカー選手権を席巻した無限MOTULシビック

中でも1987年に全日本ツーリングカー選手権で、排気量が倍以上違うBMWやスカイラインRSターボを相手に6戦全勝したワンダーシビックに、多くのモータースポーツファンが懐かしそうに見ている姿が印象的だった。

WTCCらしさが堪能できたオープニングレース

オープニングレースのスタート直後の様子

オープニングレースのスタート直後の様子

14時15分から行われたオープニングレース(11周)は、WTCCの魅力が満載の一戦であった。午前中に行われた予選Q2の結果からリバースグリッドで並び、朝から降り続く雨が一旦小康状態となりレースがスタートした。

ポールポジションスタートのケビン・グリーソン(ラーダ)はスタート直後の1コーナーでコースアウト

ポールポジションスタートのケビン・グリーソン(ラーダ)はスタート直後の1コーナーでコースアウト

ポールポジションスタートのケビン・グリーソン(ラーダ)は1コーナーでコースオフし大きく順位を下げる一方、2番手スタートのトム・チルトン(シトロエン)が好スタートを見せて首位に躍り出る。エンジン交換のペナルティにより、最後尾グリッドからのスタートとなった道上龍は大きく順位を上げ、1周めで10番手まで浮上。

ロノルベルト・ミケリスとロブ・ハフ(シトロエン)のバトル

ロノルベルト・ミケリスとロブ・ハフ(シトロエン)のバトル

3周目からは、WTCC名物「喧嘩バトル」が各所で勃発。まず上龍のリヤにニッキー・キャッツバーグが接触。道上のリヤは大きく流れてハーフスピンをし順位を2つ落とす。そして予選トップのノルベルト・ミケリスがネストール・ジロラミのオーバーテイクを試みるも、ブロックするジロラミと接触し、ミケリスが最終コーナーでスピン。6周目には、道上がロブ・ハフ(シトロエン)を攻めるもターン5で接触。道上はコントロールを失い、オーバーランして順位を落としてしまう。

熾烈な2位争い

熾烈な2位争い

2位争いもアーチャー、ビョーク、グエリエリの3台が絡む激しいバトル。9周目、2番手のアーチャーにビョークが仕掛けるも、その隙をグエリエリが突き、一気に2台を抜く。直後ビョークは反撃。グエリエリとビョークが、マシンをコーナーというコーナーでぶつけ合いながらのバトルをする、その間にアーチャーが2番手を取り戻し、グエリエリはビョークを下して3番手にアップ。

オープニングレースを勝利したトム・チルトン(シトロエン)

オープニングレースを勝利したトム・チルトン(シトロエン)

その中で我関せずの独走がトップのトム・チルトン。後続に対して13秒以上の大差をつけて、オープニングレースを制した。道上は10位でチェッカーを受け貴重な1ポイントを獲得した。

豪雨の中でのメインレースは赤旗により中断終了

セーフティーカー先導でスタートしたメインレース

セーフティーカー先導でスタートしたメインレース

15時30分、雨は一段と強まる中、セーフティーカー先導で13周のメインレースがスタート。2周目にセーフティーカーがピットに入ると、ポールポジションのミケリスを先頭に、キャツバーグ、ネストール・ジロラミと続く。

大粒の雨が降る中、2周目にレーススタート

大粒の雨が降る中、2周目にレーススタート

4番手はグエリエリ、そして5番手をランキング首位のテッド・ビョークと、自己最高位スタートの道上が争う展開。3周目、道上はV字コーナーで止まりきれずオーバーラン。グラベルにつかまり戦線離脱する。マーシャルの手を借り脱出するものの、そのままピットに戻りリタイアした。

雨脚が強くなりセーフティーカーが入る

雨脚が強くなりセーフティーカーが入る

雨はより一層強く降り出し、7周目にセーフティーカーがコースイン。セーフティーカーラン中でも2台が道上同様、V字コーナーのグラベルにつかまるなど、もはやレース続行は不可能な状況となった。これにより9周終了時点でレース中断を示す赤旗が降られ、メインレースはそのまま終了。ミケリスがポールトゥウインを飾り、ボルボ勢が2位3位を占める結果となった。

雨の中、優勝したノルベルト・ミケリス

雨の中、優勝したノルベルト・ミケリス

WTCC次戦は、2017年11月18日(土)・19日(日)の2日間、マカオで行われる。またツインリンクもてぎでは、2017年12月3日(日)にホンダのファン感謝祭を開催予定。入場料が無料になるほか、今年世界3大自動車レースの一つ「インディ500」を日本人で初めて優勝した佐藤琢磨が、その優勝マシンでデモンストレーション走行をする予定とのこと。ぜひ足を運んでみてはいかが。【横浜ウォーカー】

この記事の画像一覧(全23枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る