この秋話題!都内のオシャレな“ワイン角打ち”2選

2017年11月15日 12:28更新

東京ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

酒屋の店頭で立ち飲みをする「角打ち」。おじさまが日本酒を楽しむ場所のイメージが強いが、最近は女性も気軽に入ることのできるおしゃれな“ワイン角打ち”が話題だ。

全ての画像を見る(9件)

1軒目は、2016年12月にオープンした外苑前の「no.501」。アートギャラリーのようなワインセラーの奥にはバーカウンターがあり、女性の一人客が多いのも納得の、落ち着いた雰囲気が魅力。ワインは赤・白・泡と常時10種類以上を取りそろえ、グラスで600円から楽しめる。

2軒目は、1887(明治20)年創業の老舗酒店の中にある「相模屋本店 角打ち」。ワインはもちろん、クラフトビールや日本酒もあり、地元客が食事の前にふらりと立ち寄る。ビオワインを中心としたラインアップで、グラスワインは600円から用意。

2軒とも、フードが充実しているのも嬉しいポイント。食事の前後に一杯もよし、軽く食事をしながらもよし。“ワイン角打ち”で、ワインの楽しみ方が広がりそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事