ヒルトンホテルの元料理長が作る、広東料理&点心の新店

2008年11月12日 2:49更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

名古屋・新栄町に10/11オープンした中国料理店「大湘園(だいしょうえん)」は、ヒルトンホテルの元料理長が作る広東料理や点心が楽しめる店。

点心は貝柱入り小籠包(3個560円)など22種類。ダック肉の饅頭巻き(2人前600円)など単品料理は24種類そろう。ランチ(680円〜)は3種類で、100円プラスすればデザートが付く。

海鮮焼きそば(850円)は細縮れ麺、エビ、シイタケ、キャベツをほんのりとした塩味で炒めた上品な焼きそば。大ぶりのエビが堪能できる大エビマヨ(600円)や、コクのある甘酸っぱさが特徴のスペアリブの黒酢炒め(850円)もおすすめ。店内は余計な装飾のないさっぱりした造りだ。

営業時間は11:00〜14:00、17:30〜23:00。席数は40席。予算は約2500円。【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る