ココイチの新業態“ハンバーグ”をいち早く食べる方法

2010年2月23日 10:30更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

名古屋発のカレーライスチェーン「CoCo壱番屋」、通称“ココイチ”。3月上旬、そのココイチの別業態となるハンバーグ専門店が愛知県江南市に誕生する。ちまたでにわかに起こりつつあるハンバーグブームで注目が集まる新店だが、その一部メニューを先行して食べられる店があるってご存じ?

その店とは、岐阜県各務原(かがみはら)市にある「パスタ・デ・ココ 各務原三ツ池店」。そう、こちらもココイチの別業態である、あんかけスパ専門店だ。

ラインナップは「レギュラーハンバーグ」、「たっぷりねぎ塩ハンバーグ」、「テリタマわさびマヨネーズハンバーグ」や「和!おろしハンバーグ」など6種類。ハンバーグに箸を入れた瞬間にあふれる肉汁が食欲をそそる。サイズもレギュラー180gのほか、130g、270g、360gから選べるところも、ココイチならでは。

ココイチがオープン予定の鉄板ハンバーグ専門店「にっくい亭 江南赤童子(こうなんあかどうじ)店」は、工場から届くパテを店で手ごねして、専用の鉄板で焼き上げるハンバーグがウリ。そんな話題の店の味を、「パスタ・デ・ココ 各務原三ツ池店」でいち早く味わってみては?【詳細は東海ウォーカー2月16日発売号に掲載】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る