「フィギュア女子素敵でした!」相武紗季、五輪に“お疲れ様”

2012年7月6日 17:32更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月1日、ミスタードーナツ「2010 春の新商品発表会」に、女優の相武紗季、タレントの八田亜矢子、2010年度ミス日本グランプリの林史乃(みな)らが登場。本日(3月1日)で幕を閉じたバンクーバー冬季オリンピックについて、「フィギュア女子の試合はテレビで観ていました。皆さんキラキラしていて本当に素敵でした!」と、浅田真央選手や安藤美姫選手らに感動をもらったと語った。

春の新商品は「女性を意識した」というだけあって、この日駆けつけたのは、ミスキャンパス19人や、“準ミス女忍者”などご当地ミス16人など、総勢35人のミスたち。これに、相武や八田などを加え、総勢40人のミスが勢ぞろいするという豪華な顔ぶれに。「ミス・ミスタードーナツ」の相武は、39人の美女たちに囲まれ「40人がそろうなんて、もう圧巻ですね」と、本人もその光景にびっくりの様子。

「女性といえば、バンクーバーオリンピックでも女性選手がたくさん活躍しましたよね」と聞かれた相武は、「フィギュア女子は、ちょうどテレビでスタッフさんと一緒に観ていました。皆さん力を出し切っていて、キラキラ輝いていて…。本当に素敵でした!」と、オリンピック日本代表選手に、“お疲れ様”を送っていた。

“女の子による、女の子のためのドーナツ”という、ミスドの春の新商品は、「ホワイトリング」「お花のモンブラン」「ハートチョコ」(各147円)の「カラフルドーナツ」や、「ストロベリー」「ショコラ」「ミックス」(各136円)の「シェイキーポップ」など、見た目のインパクト大の超キュートなドーナツ。加えて、3月20日(土)には、沖縄や伊豆大島、北海道の厳選素材を使ったこだわりのドーナツも登場する。

特に、伊豆大島の“深層海塩ハマネ”を使った「東京プレッツェリング」については、「シンプルだけど、こだわりの素材を使っているというのがいいですね。女の子の体のことも考えてくれているようでうれしいです」と、相武も絶賛。ミスタードーナツの女性社員たちが、世の中の女性のために作ったキュートな“デコ・ドーナツ”や、厳選素材を使った“こだわりドーナツ”で、この春の「ほっと一息」を楽しんでみては? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

ページ上部へ戻る