【手みやげ】ホンネで選ぶとこうなる!神戸っ子御用達「大丸神戸店」の手みやげ5選

2017年12月27日 18:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

丸みを帯びた石造りの外観が印象的な、旧居留地に立つ神戸の老舗「大丸神戸店」。地下フロアでは、落ち着いた雰囲気の中、評判の洋菓子や種類豊富なパンなど、神戸らしい自慢の食料品をゆっくり吟味できる。古くから愛される神戸っ子御用達の味から、新しい感性で生み出された斬新な見た目の商品まで、思わず人に贈りたくなる華やかな品が並ぶので、おでかけ前に立ち寄って。<※情報は関西ウォーカー(2017年12月15日発売号)より>

「TAICHIRO MORINAGA」ふわっふわの食感が斬新!洗練されたデザインも注目

「エアレーションプルミエ」(3種アソート・1080円)/TAICHIRO MORINAGA

全ての画像を見る(6件)

「エアレーションプルミエ」(3種アソート・1080円)。森永独自のベイクドチョコレート技術とエアレーション技術の融合から生まれた、なめらかな口溶けのチョコレート。今まで食べたことのないふわっふわの食感に驚くはず!<販売:通年 賞味期限:製造日より2か月 持ち歩き:常温 取寄:不可 地方発送:可>

<コレもおすすめ>

「HI-CROWN Series」(各257円)/TAICHIRO MORINAGA

「HI-CROWN Series」(各257円)。1964年の発売以来研究を重ね、現代人の舌に受け入れられる今の味に。データ分析に裏付けされた、長く味わえる口溶け。

「FREUNDLIEB」間違いなしの手作りクッキー詰め合わせ

【写真を見る】「ミックスクッキー(箱入り)」(4袋入り・2592円)/FREUNDLIEB

「ミックスクッキー(箱入り)」(4袋入り・2592円)。コクのある香り高いフレッシュバターやナッツを練り込んだ手作りクッキーがいろいろ味わえるミックスクッキーの詰め合わせ。<販売:通年 賞味期限:販売日より30日以上 持ち歩き:常温 取寄:可 地方発送:可>

「ケーキハウス ショウタニ」厳選した和の素材の豊かな風味

「庄谷の和の心 抹茶(左)、きな粉(右)」(各540円)/ケーキハウス ショウタニ

「庄谷の和の心 抹茶(左)、きな粉(右)」(各540円)。香り高い国産きな粉や徳島産和三盆など、和の素材を生かして焼き上げた和風クッキー。サクサクの食感と厳選した素材の豊かな風味を味わって。<販売:通年 賞味期限:製造日より90日 持ち歩き:常温 取寄:可 地方発送:可>

「元町ケーキ」老若男女に愛される素朴な味

「ざくろ」(270円)/元町ケーキ

「ざくろ」(270円)。卵黄たっぷりのふんわりしたスポンジで甘さ控えめの生クリームを包み、国産のイチゴを飾った一番人気のケーキ。老若男女に愛される素朴な味。<販売:通年 消費期限:当日 持ち歩き:冷蔵(最大で保冷剤で60分、保冷剤+保冷バックで3時間) 取寄:不可 地方発送:不可>

「桂新堂」香りも風味も抜群!老舗のえびせんべい

「海の宴」(5袋入り・3240円)/桂新堂

「海の宴」(5袋入り・3240円)。名古屋に本店を持つえびせんべいの老舗。厳選した車エビと甘エビを窯の中でじっくり焼き上げたえびせんべいは、香りも風味も抜群。<販売:通年 賞味期限:製造日より195日 持ち歩き:常温 取寄:可 地方発送:可>

編集部が実食!ホンネで選ぶならコレ!

(近藤)「TAICHIRO MORI NAGAのエアレーションプルミエには、いい意味で裏切られた!予想外の食感。センスあるデザインで男性も買いやすい」

(篠原)「エアリーだけどかなり濃厚。ハイクラウンもテンション上がった!40代前後の方はちょっと高級なお菓子という認識だと思うので、その世代の方はもらうと絶対うれしいはず」

(中治)「男性陣がデザインを気に入ったみたいですね。元町ケーキやフロインドリーブも神戸では外せないですよね」

(篠原)「ミックスクッキーは決して今風のお菓子ではないのですが、そこに歴史と職人気質を感じます。個人的には一番欲しいお菓子のセットです。神戸らしさもあるので、関西以外に帰省される方にもおすすめです」

(折笠)「桂新堂はエリア問わず人気ですね。エビが本当にそのままで豪華。インパクトで選ぶならこれでしょう」

■大丸神戸店<電話:078-331-8121 時間:10:00~20:00、12月31日(日)10:00~18:00(B1は9:30~18:00)、1月2日(火)9:30~20:00 ※フロアにより異なる 休み:1月1日(祝) 交通:JR・阪神元町駅より徒歩3分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る