日本一の朝ごはん決定!2017はモンブラン風ポテサラに注目

2017年12月21日 21:52更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12月21日(木)、楽天トラベルによる「朝ごはんフェスティバル 2017」のファイナルステージが開催され、今年の“日本一の朝ごはん”が決定。「モンブラン仕立ての明太子ポテサラ」など、フォトジェニックなメニューを用意する福岡県「ホテル イル・パラッツォ」の朝ごはんが優勝した。

優勝した「ホテル イル・パラッツォ」のユニークなポテトサラダ


同イベントは、全国のホテルや旅館が提供する朝ごはんの日本一を決定するもの。当日は、約1900以上のエントリーの中から、第1ステージ(Web投票及び口コミ評価による審査)、第2ステージ(一般来場者約500人と朝ごはんインスタグラマーの試食審査)を勝ち抜いた6つの朝ごはんを4名の審査員が試食して日本一を決定した。

審査員は、神田川俊郎氏(神田川本店 店主 全日本調理師協会名誉会長/日本食普及の親善大使)、坂井宏行氏(ラ・ロシェル オーナーシェフ)、武田和徳氏(楽天 常務執行役員 ライフ&レジャーカンパニー プレジデント)、浜内千波氏(料理研究家)の4名だ。

優勝した「ホテル イル・パラッツォ」は、6施設のうちで唯一、洋風の朝ごはんを出品。

パティシエが開発したモンブラン風のユニークなポテトサラダと、フランス料理「フォン・ブラン」の技法で鶏ガラや野菜を煮込んだ水炊きスープを、茶碗蒸しやポン酢ジュレと共にグラスに盛りつけた一品が出品され、審査員は、「ポテトサラダはパンチのきいた味」(神田川氏)、「すごくさわやかなスープ。アイデアがすばらしい、パティシエならでは」(坂井氏)と高く評価していた。【ウォーカープラス編集部/Raira】

Raira

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る