濃密な甘味が絶品!日本料亭の技が光る絶品ほうじ茶スイーツ

2018年2月6日 17:29更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー 小島加奈子(シーアール)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市の荒江に本店を構える老舗料亭「喜水亭」では、旬の食材を使用した、ちょっと贅沢な御膳から会席料理までを堪能できる。福岡三越(福岡市中央区)8階にある三越店は、大きな窓から自然光が差し込み穏やかな雰囲気。上質な和の空間で、日本料理や甘味を味わえる。

店内からは吹き抜けを望めて開放的

店内からは吹き抜けを望めて開放的

職人の技が光る美しいパフェを目と舌で楽しむ

【写真を見る】「ほうじ茶パフェ」(864円)。日本茶とフルーツをふんだんに使用する

【写真を見る】「ほうじ茶パフェ」(864円)。日本茶とフルーツをふんだんに使用する

フルーツがたっぷりのったパフェはお客から歓声が上がるほど

フルーツがたっぷりのったパフェはお客から歓声が上がるほど

14:00~提供が始まる「ほうじ茶パフェ」(864円)は、赤、黄、緑と色鮮やか。ほうじ茶アイスを筆頭に、抹茶とほうじ茶のゼリー、甘酸っぱいイチゴピューレと、変化する味・食感が最後まで楽しい。素材をいかした繊細な味わいは、老舗料亭だからこそ表現できるもの。

濃密なプリンには素材の旨味をぎゅっと凝縮

「ほうじ茶プリン」(540円)。食後には十分すぎるほどボリューム満点だ

「ほうじ茶プリン」(540円)。食後には十分すぎるほどボリューム満点だ

すべての画像を見る(6件)

「ほうじ茶プリン」(540円)は“濃密”のひと言に尽きる。ほどよい弾力があり、口当たりなめらか。ほろ苦いカラメルソースがとろりと絡み、牛乳や卵、ほうじ茶の甘みが際立つ逸品だ。質はもちろん、量ともに申し分なし。

人目を気にせず食事を楽しめる半個室もあり

人目を気にせず食事を楽しめる半個室もあり

人目を気にせず食事や会話を楽しめる半個室席もあるので、慶事などにも最適だ。買い物ついでにふらりと立ち寄れる立地もうれしい。

福岡三越8階にある

福岡三越8階にある

【九州ウォーカー編集部/文=小島加奈子(シーアール)、撮影=高尾正秀】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る