業界初!主原料に食物繊維をガッツリ使ったチューイング・キャンディ登場

2010年3月26日 16:58更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

4月5日(月)、シュガーレス・チューイング・キャンディ「キュービクル・ソフト」(210円/17粒)が、ビージーフーズから発売される。主原料として食物繊維が使用されるチューイング・キャンディは業界初となる。

食事に不足しがちだといわれている食物繊維。日本人の食事摂取基準(2010年版)によると、20〜50代の成人男女は、食物繊維の1日の摂取目標値約19gに対して、毎日5〜7g程度不足しているのだとか。そこで同社は、3粒食べることで1日の不足分を補える「キュービクル・ソフト」を開発。「おいしいお菓子として手軽に食物繊維を摂っていただければ」と同社広報は話す。

今回開発された「キュービクル・ソフト」は、さわやかな酸味の「梅味」と「レモン味」の2種。1粒の約半分が食物繊維となっており、1袋で14g (レタス6個分/3粒でレタス1個分)摂ることができる。糖類がゼロなので、ダイエットを気にする人も安心して食べられる。

同広報は開発で苦労した点について、「食物繊維は多く使用すると粘度が出てしまう原料なので、主原料にするのが難しく、どのくらい入れられるかという点で苦労しました。原料そのものに味がなく、また、味が乗りにくいというのも菓子にするのに苦労した点です」と話す。今回は夏に向けた商品として、酸味を感じさせるバリエーションとなっているが、今後は別の味での開発も進める。

理想はバランスのとれた食事で健康な生活を送ること。それでも食物繊維が足りないと感じた時には「キュービクル・ソフト」に頼ってみるのも手かも!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る