ドラマ「記憶」出演! 今田美桜さんにインタビュー

2018年3月7日 12:42更新

東京ウォーカー(全国版) 週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

中井貴一が演じる主人公の秘書役で出演

「中井貴一さんと共演させていただくということですごく緊張していました」

すべての画像を見る(3件)

 中井貴一さんが主演を務める連続ドラマ「記憶」(フジテレビNEXTライブ・プレミアム/J:COMプレミアチャンネル)。家庭よりも仕事を優先させてきた敏腕弁護士・本庄英久(中井)が若年性アルツハイマーと診断されたことにより、人生を振り返り、心が離れてしまった家族との関係を修復していく物語。今田美桜さんは本庄の秘書・足立初花役で出演する。

「中井貴一さんと共演させていただくということですごく緊張していました。でも、お会いしてみるとすごく優しい方で、間近でお芝居を見させていただき勉強させてもらっています。私が演じる初花は、すごくクールなんですが、重要なところではキチンとやることはやる女の子ですね。自分の信じる道を真っ直ぐに進んでいるタイプだと思いました」

【写真を見る】「すごく考えさせられて、台本を読んで泣いてしまいました」

 病名を宣告されても、最後まで自分の尊厳を守り抜こうとする姿と家族の愛を描いた、見ごたえのある人間ドラマが展開していく。

「ストーリーは複雑に入り組んではいますが、病気によって記憶がどんどん失われていって大切な人のことを改めて思うというところに私自身、すごく考えさせられて、台本を読んで泣いてしまいました。大切な人のことを思いながら見ていただければと思っています」

連続ドラマ「記憶」は3/21(祝)スタート

撮影=下田直樹/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=山崎眞衣/スタイリスト=岩田麻希/編集協力=千葉由知(ribelo visualworks)

ドラマ「記憶」3/21(祝)スタート

毎週(水)22:00〜22:50(フジテレビNEXTライブ・プレミアム/J:COMプレミアチャンネル)

勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士・本庄英久(中井貴一)は15年前に幼い息子をひき逃げ事故で亡くすという悲しい過去を持っている。その後、妻と離婚し、別の女性と再婚したが、家庭をかえりみず仕事に打ち込む毎日を送っていた。そんな時に脳外科から若年性アルツハイマーと診断される。宣告を受けた後は仕事を続けながらも家庭と向き合おうとするが…。今田美桜は本庄の秘書、足立初花役で出演。

脚本=神森万里江/出演=中井貴一、優香、泉澤祐希、今田美桜、モロ師岡、川野直輝、都築 創、宮澤秀羽、落井実結子、草村礼子、石丸謙二郎、松下由樹 ほか

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る