キャナルシティ博多にゴジラ襲来!「キャナルアクアパノラマ」だけのオリジナル作品

2018年3月28日 21:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キャナルシティ博多(福岡市博多区)の人気コンテンツ「キャナルアクアパノラマ」に、日本を代表する大怪獣・ゴジラが登場する。

今度のマッピングは「ゴジラ」とコラボ!


キャナルシティ博多の3Dプロジェクションマッピングと「ゴジラ」がコラボ!※画像はイメージTM&(C) TOHO CO., LTD.


第1作『ゴジラ』(1954年)の公開から64年。現在まで国内で計29作品が製作され、『シン・ゴジラ』(2016年)でシリーズ累計観客動員数が1億人を突破し、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。

2017年にはアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』も大ヒットを記録した。

そんな今なお愛され続けるゴジラが、今回、3Dプロジェクションマッピングに光と噴水の演出を加える「キャナルアクアパノラマ」とコラボレーションする。

映画『シン・ゴジラ』の本篇スタッフを起用し、博多を舞台に描かれる本作は、キャナルシティ博多でしか見られないオリジナル作品だ。

1回の上演時間は約8分。4月27日(金)~5月6日(日)は特別先行上演として1日1回、6月1日(金)以降は2019年5月31日(金)まで1日数回上演される予定だ。

【写真を見る】「キャナルアクアパノラマ」ならではの演出も ※画像はイメージ


圧倒的なクオリティの映像に3Dプロジェクションマッピングの演出が加わった、ゴジラシリーズの最新作ともいえる新たな世界観を楽しもう!

廣田祐典

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る