激カワスイーツ&黄金グルメに“おとめ”もメロメロ!話題の「金シャチ横丁」で食べ歩きレポート!!

2018年4月3日 20:33更新

東海ウォーカー 淺野倫孝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年3月29日(木)、名古屋城(名古屋市中区)周辺に、“なごやめし”が大集結するグルメスポット「金シャチ横丁」がオープンした。今注目を集める同スポットに、名古屋を拠点に活動するパフォーマンス集団「おとめボタン」と一緒に行ってきた!

おとめボタンと一緒に、話題のグルメスポット「金シャチ横丁」に行ってきた!

おとめボタンと一緒に、話題のグルメスポット「金シャチ横丁」に行ってきた!

すべての画像を見る(25件)

早くも話題沸騰!「金シャチ横丁」

「金シャチ横丁」は名古屋城の正門側と東門側の2つのエリアで展開する商業施設だ。正門側にある「義直ゾーン」は、尾張藩の初代藩主・徳川義直にあやかって名付けられ、王道の“なごやめし”が味わえるエリアとなっている。一方の東門側にある「宗春ゾーン」は、7代藩主・徳川宗春が由来のエリア。こちらでは“名古屋の新しい食文化”が楽しめる。各エリアでそれぞれコンセプトが異なるので、名古屋城を訪れる際は両エリアに立ち寄ってみよう!

王道の"なごやめし”が味わえる「義直ゾーン」

最初に一行が向かったのは、正門側の「義直ゾーン」。“伝統・正統”をコンセプトに、純木造建築が並び“和”の雰囲気が漂うエリアで、ひつまぶしや味噌煮込みうどんといった王道の“なごやめし”が味わえる。「山本屋総本家」「名古屋名物みそかつ 矢場とん」といった、名古屋でお馴染みの老舗や名店が並ぶ。

純木造建築が並ぶ「義直ゾーン」

純木造建築が並ぶ「義直ゾーン」

食べ歩きレポートの第1店目に、彼女たちが選んだのは甘味が味わえる「那古野茶屋」。尾張藩の御用菓子をつとめた「御菓子所 両口屋是清」が展開する茶屋で、ここでは軽食がとれるほか、みやげが買える。ここでは「金シャチ横丁わらび餅 抹茶」(700円)を実食。抹茶がふりかかったわらび餅に、和三盆糖を使ったミツをかけて楽しむ1品だ。「わらび餅はプルンプルンでモッチモチ♪ミツの上品な甘さもたまらない」(上田)

「那古野茶屋」の「金シャチ横丁わらび餅 抹茶」(700円)

「那古野茶屋」の「金シャチ横丁わらび餅 抹茶」(700円)

続いて「名古屋とうふ 河口」で味噌田楽を試食。「田楽御前」(1000円)のメイン料理で、濃厚な味噌に、フワフワの豆腐の食感がクセになる。「甘めの味噌と豆腐がよく合っている。まさに“名古屋”って感じの味ですね。メチャメチャおいしくて何本でも行けちゃいそう」(坂中)

「名古屋とうふ 河口」の味噌田楽。通常は「田楽御前」(1000円)のメインとして提供される

「名古屋とうふ 河口」の味噌田楽。通常は「田楽御前」(1000円)のメインとして提供される

「やっぱり、名古屋といったら“味噌”でしょう」(写真中央、坂中)

「やっぱり、名古屋といったら“味噌”でしょう」(写真中央、坂中)

今回の取材で、彼女たちを最も驚嘆させたのは「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の「黄金味噌かつ御前」(御前3024円、単品2376円)。極上のリブロースを使った味噌カツに、金粉が降りかけられた名古屋城金シャチ横丁店限定のメニューだ。その華やかさは、思わず食べるの躊躇してしまうほど。「見た目も贅沢だけど、味噌の香りがとてもいい!肉厚で噛めば噛むほど旨味が感じられます」(山川)

【写真を見る】「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の「黄金味噌かつ御前」(御前3024円、単品2376円)

【写真を見る】「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の「黄金味噌かつ御前」(御前3024円、単品2376円)

「スギモト牛鍋店」は看板メニュー3品の食べ比べに挑戦!「尾張牛すき鍋セット」(1880円)、「名古屋コーチンひきずり鍋セット」(1680円)、「牛汁(きしめん入り)」(1280円)と、どれも甲乙つけがたいメニューだったが、リーダー・小西がイチオシしたのは「牛汁」。旨味が強く感じられる味噌仕立てのスープと、驚くほど柔らかく煮込まれた牛肉がとても気に入ったそう。「味噌の味はしっかりしているけど、あっさりめで食べやすい!箸で持っただけで、崩れる肉のトロトロ感もハマります。きしめんも入っているので食べ応えがあるのもポイントですね」(小西)

「スギモト牛鍋店」の注目グルメを食べ比べする「おとめボタン」

「スギモト牛鍋店」の注目グルメを食べ比べする「おとめボタン」

「スギモト牛鍋店」の「牛汁(きしめん入り)」(1280円)

「スギモト牛鍋店」の「牛汁(きしめん入り)」(1280円)

「義直ゾーン」では、食事だけでなく、「おみやげ なごみや」でみやげ物探しを楽しむのもおすすめだ。「名古屋金鯱かすてら」「生しるこサンド」(各1080円)など、金シャチ横丁オリジナル商品もあり、名古屋在住の人でも欲しくなりそうなアイテムがそろう。そのなかから特に目を引いたアイテムを2点紹介したい。1つは「日本の名城 名古屋」(1080円)。名古屋城のペーパークラフトで、菓子が2つ付く。子どもから大人まで楽しめるイチオシアイテムだ。

「金シャチ横丁限定のおみやげもいっぱいあるよ」(写真左、福島)

「金シャチ横丁限定のおみやげもいっぱいあるよ」(写真左、福島)

もう1つは「徳川家康 大黒頭巾 当世具足写し」。店内に飾られたヨロイの展示品かと思いきや、実際に買うことができるレプリカで、その額なんと86万4000円!抜群の存在感と、絶妙な値段設定に、「がんばれば買えるかも…」と心揺れ動く人も少なくないのでは!?

「徳川家康 大黒頭巾 当世具足写し」(86万4000円)/おみやげ なごみや

「徳川家康 大黒頭巾 当世具足写し」(86万4000円)/おみやげ なごみや

新定番のなごやめしが味わえる「宗春ゾーン」

「義直ゾーン」を満喫した一行は、「宗春ゾーン」へと場所を移した。時の将軍・徳川吉宗が“質素倹約”を敢行するなか、対照的な“温知政要”を理念に、名古屋の絢爛豪華な文化の礎を築いた藩主として今なお語り継がれる徳川宗治。このエリアでは“新風・変化”をテーマに、和風モダンな建物が並ぶ。ここでは人気ラーメン店の「フジヤマ55」をはじめ、“王道”とは異なった“新定番”の名古屋グルメが楽しめる。

明主・徳川宗春公に会えるかも!?

明主・徳川宗春公に会えるかも!?

そんな「宗春ゾーン」で最初に立ち寄ったのは、氷温熟成の厚切ステーキ楽しめる「cafe diner POP OVER」。ここではテイクアウトメニューとして、忍者をモチーフにした「忍者アイス」(500円)を販売している。黒ゴマを使った求肥(ぎゅうひ)でバニラアイスを包み込み、手裏剣や刀を模した菓子で装飾されたキュートなスイーツだ。「かわいすぎる!求肥のモッチリした食感も好きだけど、黒ゴマの風味がよくて、バニラアイスとよく合う。チョコクッキーでできた手裏剣とか1つでいろんな味が楽しめますね」(福島)

「忍者アイス」を買ってドロンポーズ♪

「忍者アイス」を買ってドロンポーズ♪

「cafe diner POP OVER」の「忍者アイス」(500円)

「cafe diner POP OVER」の「忍者アイス」(500円)

次に一行は「フジヤマ55 金シャチ横丁店」へと向かった。ほかの「フジヤマ55」と同様、看板メニューの「濃厚つけ麺」(890円)などを楽しめるが、注目は金シャチ横丁店限定の「海老台湾ラーメン」(890円)。名古屋名物・台湾ラーメンを独自にアレンジしたメニューで、エビの風味が十分に感じられる一杯だ。 「エビの香ばしさが感じられ、体に沁みる味!あまりのおいしさに、思わずエビ反りしたくなっちゃう(笑)」(宮原)

「フジヤマ55 金シャチ横丁店」の「海老台湾ラーメン」(890円)

「フジヤマ55 金シャチ横丁店」の「海老台湾ラーメン」(890円)

お腹もいっぱいになり、食べ歩きレポートもいよいよ終盤に。そんな彼女たちが最後に選んだのは「vegetable cafe & seafood bar saien」の「金シャチソフトクリーム」(1000円)。濃厚なバニラ味のソフトクリームに、金箔が貼られ、さらに金粉が降りかかる豪華な見た目だ。桜の砂糖菓子がアクセントになり、インスタ映え抜群のスイーツとなっている。「とっても贅沢!ソフトクリームがとても濃厚な味わい!」(小西)「食べると金箔がくちびるに付くのも楽しい(笑)」(上田)

「vegetable cafe & seafood bar saien」の「金シャチソフトクリーム」(1000円)

「vegetable cafe & seafood bar saien」の「金シャチソフトクリーム」(1000円)

今回、「おとめボタン」が実食したもの以外にも、「金シャチ横丁」には気になるグルメが盛りだくさん。名古屋城を観光で訪れる時はもちろん、日常的に食事を楽しむ場として訪れてもよさそうだ。

「観光だけじゃなく、普段から食事を楽しむ場所として使えそう」(写真左から2人目、宮原)

「観光だけじゃなく、普段から食事を楽しむ場所として使えそう」(写真左から2人目、宮原)

この記事の画像一覧(全25枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る