西日本初! “最高峰のコーヒー体験”ができるスターバックス リザーブ(R)バーが梅田に登場

2018年3月30日 11:06更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社は 、国内のスターバックスの中で“最高峰のコーヒー体験”を届ける店舗として、西日本初のスターバックス リザーブ(R)バーを備えた『スターバックス コーヒー LUCUA osaka地下2階店』をオープンする。

スターバックス コーヒー LUCUA osaka地下2階店

「スターバックス リザーブ(R)」とは コーヒーに関心があり、洗練されたおいしいコーヒーを楽しみたい人に向けて提供する特別なコーヒーのラインナップのこと。
スターバックスのコーヒーバイヤーが世界中のコーヒー農家を訪れて出会う希少で個性的な素晴らしいコーヒーを、コーヒーの専門性を高めた“ブラックエプロンバリスタ”がサイフォンやブラックイーグルなど、好みに応じたいれ方で至福の一杯を提供してくれる。

コーヒーの専門性を高めた“ブラックエプロンバリスタ”

【写真を見る】サイフォンやブラックイーグル等の抽出マシーンを使い、至福の一杯を提供

バリスタとの会話を楽しめるスターバックス リザーブ(R)のバーカウンターは、目の前で抽出されるコーヒーの香りを楽しんだり、最高峰の一杯ができるプロセスを見たりと、五感でコーヒーの魅力を体感できる贅沢なスペースとなっており、まさにのめりこむようなコーヒー体験が楽しめる。
お気に入りの一杯を見つけたり、その日の気分や好みの味わいなどをバリスタに伝えることで、その日にぴったりのコーヒーを提案してくれるのも嬉しいポイントだ。

バリスタとの会話を楽しみながら、贅沢な一杯を味わえるバーカウンター
すべての画像を見る(11件)

さらに、スターバックス リザーブ(R)バー限定の商品も要チェック!
トニックウォーターとエスプレッソを合わせた爽快さと旨味のハーモニーが絶妙な『エスプレッソ トニック』や、華やかなアルトビールと上質なコーヒーの新たな出会いから生まれる洗練された味わいの『コーヒー スティープ ビール』などを提供。これまで体験したことのない、コーヒーの多彩な味わいを楽しむことができる。

旨みを伴う爽快感が印象的な『エスプレッソ トニック』(840円)

旨みが凝縮されたエスプレッソとコールドフォームミルクが作り出す、 スーパークリーミーな『アイスフォームマキアート』(800円)

特に同店のイチ押しは、クリーミーな口溶けのアイスクリームにナイトロコールドブリューコーヒーを注いだ、3月27日からの新商品『ナイトロ コールドブリュー フロート』。
アイスクリームのなめらかさと、ナイトロコールドブリューコーヒーのエアリーな食感が融合したフロートは、一口食べれば全く新しいフロートの世界観を体験できる。もちろん併設しているクラシックバーでは、日頃慣れ親しんだエスプレッソビバレッジやフラペチーノ(R)等の通常メニューもあり、使い勝手も良し。

アイスクリームの なめらかさとナイトロコールドブリューコーヒーのエアリーな食感が融合した『ナイトロ コールドブリュー フロート』 (900円)

オーダーした豆の情報が記載されたオリジナルのカード

味わって楽しいのはもちろん、“集めて楽しい”のもリザーブ(R)バーならでは。コーヒーを注文すると、使用したコーヒー豆を表現したエデュケーションカードがゲットできる。表面はコーヒーの持つストーリーをイラストにして描き、裏面には豆の産地や味わいなど詳しい情報も。お洒落なカードは部屋に飾っても可愛いので、ぜひ皆さんも飲み比べして、コレクションしてみてはいかが。【関西ウォーカー編集部】
村井貴臣

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る