ウイスキーだけじゃない! GWに余市に出現するもう一つの名所

2018年4月4日 11:00更新

北海道ウォーカー 志田尚人

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

テレビドラマ「マッサン」で一躍有名になったのが、ニッカヰスキー余市蒸溜所。しかし、ゴールデンウィークになると別の名所が現れます。それは、ニッカヰスキー余市蒸溜所から徒歩5分ほどのところにある「余市川桜づつみ (余市川桜並木)」です。

散歩がてらお花見を♪

全ての画像を見る(2件)

桜づつみとは、桜の堤防のこと。余市川の堤防に整備された遊歩道に沿って、およそ400本のソメイヨシノや八重桜が植えられており、開花時期には約5キロメートルに渡って桜が彩られます。その光景はまさに圧巻! 中には堤防の下に植えられている木もあるので、目線の先に花が咲いていることも。花を身近に感じられることが、余市の桜の魅力です。

桜づつみはニッカヰスキー余市蒸溜所のすぐ近くにあるので、施設見学と一緒に楽しむことができます。こちらの桜の見ごろは5月上旬ごろ。来たるゴールデンウィーク、竹鶴夫妻に思いを馳せながらウイスキー片手に花見をするのも乙なものですよ。

■住所:余市町黒川町6 ■連絡先:0135・22・4115(余市観光協会) ■料金:無料 ■時間:24時間 ■休日:なし ■駐車場:あり(道の駅スペースアップルよいちの駐車場を利用)

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る