舞台「雲のむこう、約束の場所」会見で辰巳雄大「藤沢浩紀の人生を背負って」

2018年4月6日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

新海誠の初長編アニメーションを原作とした舞台「雲のむこう、約束の場所」の記者会見が4月6日(金)に開催され、主演の辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、ヒロイン役の伊藤萌々香(フェアリーズ)のほか、高田翔(ジャニーズJr.)、松澤一之、湖月わたる、浅野温子が登壇した。

藤沢浩紀の人生を背負って立っていきたいと語る辰巳雄大

藤沢浩紀の人生を背負って立っていきたいと語る辰巳雄大

すべての画像を見る(7件)

主人公の藤沢浩紀を演じる辰巳は「新海誠監督の作品が舞台化されるということだけで一ファンとして驚きだったんですが、自分が主人公を演じることができると聞いた時から興奮で胸がいっぱいです。藤沢浩紀の人生を背負って立っていきたいという心意気で稽古に臨んでいます」とコメントした。

浩紀のクラスメイト・白川拓也役の高田は「台本を読んで(原作と)リンクしている部分が結構あって『この台詞を言えるんだ!』と思いましたし、そういった部分は新海さんのファンの方にも喜んでもらえると思います。そして舞台はオリジナルということで、僕たちにしか見せられないものを稽古で追及してお見せできたら」と意気込みを語った。

【写真を見る】新海監督のファンだという伊藤萌々香

【写真を見る】新海監督のファンだという伊藤萌々香

新海監督のファンだという伊藤は「舞台の出演が決まった時はインフルエンザで寝込んでいたんですが、話を聞いてその辛さが飛ぶぐらい嬉しかった」と笑顔。「(ヒロインの沢渡)佐由理ちゃんはかわいらしい子なので、こんなかわいい子を表現できるのかなって不安もあった」と話す伊藤に辰巳が「大丈夫だよ、飛び出してきたかのよう!」と太鼓判を押すなど、和気あいあいとした様子を見せた。

浅野温子は舞台オリジナルのキャラクターで、松澤演じる岡部智之の妻・阿知良芳江を演じる。湖月扮する富澤常子を交えた恋模様も舞台の見どころのひとつだという。浅野は「台本を読ませていただいて『日本が南北に分断されなくてよかったな』と切実に思いました。見て下さった方々にほっとしてもらえるような舞台にできたらそれが一番かなと思います」と前置きしつつ、「そのためにもこの三角関係が血沸き肉躍るぐらいにいかないといけないなと思っています!」と凄みを見せ、会場は笑いに包まれた。

最後に辰巳は「舞台では、映像で描かれている3人の青春や約束に加え、作品の時代で何が起こっていたのかをより深く掘り下げています。作品を見たことのない方にももちろん見ていただきたいですし、ファンの方々も舞台を見ていただいた後にもう一度映像を見たら理解度が変わるんじゃないかという作品になっていると思います。生身の人間が目の前で演じるのが舞台の魅力だと思っているので、それを通していろんな感情を抱いていただき、舞台ならではの『雲のむこう、約束の場所』をお届けできれば」と舞台の魅力を語った。

舞台「雲のむこう、約束の場所」の記者会見に主要キャストが集結

舞台「雲のむこう、約束の場所」の記者会見に主要キャストが集結

「雲のむこう、約束の場所」は、南北に分断された日本を舞台に、若い男女の絆や葛藤を中心に描かれた作品。舞台版では、分断された2つの国に暮らす人々の背景も描かれ、作品のテーマをより掘り下げた人間ドラマとなっている。

同舞台は、4月20日(金)から24日(火)まで東京・有楽町の東京国際フォーラム ホールCで、5月2日(水)には大阪・NHK大阪ホールで上演される。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る