全部1200円以下!ヘルシーでお得な愛知県のランチブッフェ3選

2018年5月4日 7:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

愛知県には、地元でとれた新鮮な野菜を使ったランチブッフェが楽しめる店がいくつかある。今回はそのなかから、低予算で良コスパなランチブッフェのある店を3つピックアップしてご紹介!

新鮮な野菜を使った手作りブッフェ

地産地消をコンセプトに、愛知県で採れた旬の野菜を使った手作り料理が楽しめるブッフェレストラン「農家れすとらん mogmog」(愛知県幸田市)。添加物や化学調味料はできるだけ使わず、マヨネーズも手作りしている。国産大豆を100%使用した、毎朝仕込む自家製の豆腐は特に人気。「おからのキッシュ」や「おから入り大根麻婆」などのおから料理も豊富だ。玄米のごはんもあり、ヘルシー志向の女性にはぴったりだ。

野菜の濃い旨味を生かした和食を中心に、ピザやパスタなどの洋食も

すべての画像を見る(3件)

【モトをとるならコレを食べよう!】手作り豆腐・メヒカリのから揚げ・自家製プリン(時間によりない場合あり)

【食べ放題データ】■「自然派旬彩 バイキングランチ」(90分)

時間:11:00~15:00(LO14:30)/料金:1058円(土曜・日曜・祝日は1274円)、3~8歳626円、2歳以下無料/スタイル:ブッフェ式/メニュー数:約50種(新鮮野菜のサラダバー、手作り豆腐、野菜の卵とじ、ぬか漬け、白和え、おから団子の甘酢あんかけほか)/予約不可

地元の野菜を使ったヘルシーな家庭料理

JAあいち知多の産直施設に併設している「JAあいち知多 グリーンプラザおおぶ 知多の旬菜農場 菜々惣(ななそう)」(愛知県大府市)。ランチタイムは野菜と卵、鶏肉を中心とした、ヘルシーな総菜や地元米が食べ放題。家庭的で素朴な味わいの煮物やサラダなど、地元野菜をたっぷり味わおう。+100円でミニソフトクリームも付けられる。

【写真を見る】これらの総菜は100gあたり168円で購入することができる

【モトをとるならコレを食べよう!】地元の生産者さんの生卵・肉じゃが・大根のそぼろ煮(時間によりない場合あり)

【食べ放題データ】■「ランチバイキング」(60分)

時間:11:00~15:00(受付10:30~14:00)/料金:980円、満3歳~小学生580円、満3歳未満無料/スタイル:ブッフェ式/メニュー数:約20~30種(肉じゃが、おからサラダ、旬野菜の天ぷら、白菜の浅漬け、春雨サラダほか)※季節により変動あり/予約不可

瀬戸の野菜がたっぷり入った産直レストラン

産直市場、瀬戸グリーンセンター内にある「JAあいち尾東 瀬戸グリーンセンター とれたてれすとらん」では、近隣の農家が栽培する朝採れ野菜を中心に、手間暇かけた家庭料理が並ぶ。瀬戸のB級グルメの代表・瀬戸焼そばや、若鶏のてりかけ、地元のコシヒカリを使った五目ごはんは、毎日登場するのでチェックを!

瀬戸やきそば(中左)、手羽元ピリ辛煮(同右)は必食だ!

【モトをとるならコレを食べよう!】手羽元ピリカラ煮・瀬戸産牛肉入りカレー・若鶏のてりかけ(時間によりない場合あり)

【食べ放題データ】■「食べ放題ランチ」(60分)

時間:11:00~15:00(受付10:30~14:00)/料金:880円。4~6歳480円、3歳以下無料/スタイル:ブッフェ式/メニュー数:約30種(煮物、サラダ、カレー、揚げ物、麺類、ご飯(白米・五目)、味噌汁、スープ、デザートほか)/予約不可

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る