五月病の対処法、今年はひたすら“寝る”人が増加

2010年5月9日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

GW明けに突如襲ってくる五月病。気候も暖かくなり何となく集中できなくなったり、無気力になったりする症状に悩まされる人は少なくない。そんな五月病を乗り切る対処法として、今年、大幅に増加した答えがある。ズバリ“寝る”だ。

これは、株式会社サンセットコーポレイションが男性1585人、女性196人に行ったアンケートによると、「五月病への対処法」として、全年代で「寝る」という答えが昨年を上回ったという。

特に顕著なのが女性陣。中でも20代女性の30.8%、30代女性の実に40%が「寝る」と答えている。世のアラサー女性にとって、ひたすら「寝る」ことが、心と体の疲れを癒すことであり、元気の源になっているようだ。

他の答えは軒並み昨年よりダウンしているが、最も多かった回答は通年どおり「趣味に没頭する」という対処法。3人に1人が自分の好きなことに集中することで、気分転換を図っている。その他、「運動」「飲食」「ドライブ」「カラオケ」といった“外遊び”もポイントダウン。逆に、「(対処法は)特になし」と、ストレス発散法を見出せない人も大幅に増えている。むしろ、それこそが「五月病」の症状ではないだろうか。

一方では驚くべき結果も。40代以上女性で五月病への対処法が「特になし」と答えた人は、なんと0%。つまり積極的になんらかの対処をしているということなのだ。内訳を見てみると、「寝る」も多いが、それ以外で「飲食」をはじめ“外遊び”で発散している人がほとんど。寝まくるアラサーを尻目に、40代以上の女性は、実にアクティブに五月病を乗り切る、パワフル世代と言えるだろうか。

多くの人が悩まされる五月病。今年は長引く不況下で、お金のかかる遊びではなく、ストレスさえ無料の行動で発散する、という経済状況が顕著に表れる結果となった。「寝る」ことですべてを忘れることも大事だが、長い人生の中の一つのサインとしてとらえ、生活に刺激を与えて前向きに生活することが、一番の改善テクなのかもしれない。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る