伝説的レストランのシェフが日本で腕を振るう!レストラン「INUA」開業発表会見

2018年5月17日 21:00更新

東京ウォーカー(全国版) 桑原健太郎

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

デンマークの伝説的レストラン「noma」(ノーマ)ヘッドシェフのレネ・レゼピ氏と、出版社KADOKAWAがパートナーシップを結び、東京・飯田橋にオープンするレストラン「INUA」(イヌア)。

6月29日(金)に開業するレストラン「INUA」(イヌア)。予約はすでに受付中

6月29日(金)の開店に先立つ5月17日、同レストランが入居するKADOKAWA富士見ビルで開業記者会見が行われた。

【写真を見る】デンマークの伝説的レストラン「noma」(ノーマ)で活躍したシェフが日本で腕を振るう

同会見にはINUAのヘッドシェフを務めるトーマス・フレベル氏、nomaのヘッドシェフであるレネ・レゼピ氏、そしてKADOKAWA取締役会長・角川歴彦の3氏が登壇。今回の“異色”のパートナーシップ締結と、開業に向けての意気込みを語った。

noma(ノーマ)のヘッドシェフ、レネ・レゼビ氏。フレベル氏に絶大な信頼を寄せている

レゼピ氏はフレベル氏のINUAヘッドシェフに就任について、「トーマス(・フレベル)は今回のINUA開業に向け、長い時間をかけて日本各地を巡り、日本人以上に日本の食材を探求してきた」と語り、フレベル氏の努力と才能を高く評価し信頼していることをうかがわせた。

日本の食材にすっかり魅了されたというフレベル氏。特に注目しているのは山菜だとか

当のフレベル氏は、食材探しの旅の中で出会った食材の魅力や、その生産者たちに対する尊敬の念を述べつつ「日本国内で手に入れた食材と、自分が今までにnomaのシェフとして経験してきたものを融合させたメニューを提供するつもりだ」と語った。

KADOKAWA取締役会長の角川歴彦も、異色のパートナーシップに期待を寄せる

また、今回彼らとパートナーシップを結んだ角川歴彦は「INUAの経営に関しては彼らにすべて委ねている。彼らが今まで培ってきたものを通じて、日本の文化を変えてくれるくらいのことを期待している」とコメント。KADOKAWAとしても初となるレストラン業に対する決意と期待をにじませた。

気になるINUAの営業日時だが、毎週火曜日から土曜日まで、17時からディナーの提供のみを行う予定。予約はすでに受付中だが、同店のメニューを一日でも早く味わいたい・体験したい人は今のうちに予約したほうがよいだろう。

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る