「防火標語ポスター」モデルに! 小嶋真子さん(AKB48)にインタビュー

2018年5月23日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

友達から「見つけたよ」ってSNSで連絡が来ました

「私もまだまだ成長したいと思っ ています」

全ての画像を見る(3件)

「こじまこ」の愛称で親しまれているAKB48の小嶋真子さん。約3年ぶりの組閣(グループ内でのチーム再編成)が行われ、小嶋さんはチーム4からチームKに異動。

「新しいチームは年下の子がキャプテンなので、グループ内での世代交代が進んでいるのを実感しています。みいちゃん(1期生の峯岸みなみ)もいるので、若い子たちは先輩からいいところをどんどん盗んでほしいですし、私もまだまだ成長したいと思っています。お姉さんと呼ばれる立場になっていますが、相談されるタイプではないので(笑)、『この人だったら話しやすいかな』くらいの先輩でありたいなと思います」

【写真を見る】「いろいろ反響があって うれしいです」

 グループの活動だけでなく、個人としても幅広く活躍中。日本損害保険協会の2018年度「防火標語ポスター」のモデルに選ばれ、そのポスターは今年の4/1から1年間日本全国で掲出される。

「こういったポスターのモデルを務めるのは初めてのことですし、貼られている範囲が全国なので、友達が『見つけたよ』ってSNSとかで写真を送ってくれたりしました。あと、学校にも貼られているみたいで、ファンの子から『今日、学校で見ました』とか、いろいろ反響があってうれしいです。まだ私は遭遇していないので、見つけたいと思います(笑)」

小嶋真子さんがモデルを務める「防火標語ポスター」は4/1から1年間掲出される。

日本損害保険協会2018年度「防火標語ポスター」

一般社団法人「日本損害保険協会」が1966年度から防火意識の高揚を目的に毎年、全国統一防火標語による啓発活動を行っている。全国から寄せられた標語の中から入選作品を選び、ポスターが制作されるが、そのポスターモデルに小嶋真子さんが抜擢された。このポスターは、全国の消防署をはじめとする公共機関などに4/1から1年間掲出される。

撮影=諸井純二(Rooster)/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=鷲塚明寿美/スタイリスト=米丸友子/編集協力=千葉由知(ribelo visualworks)

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る