華やかに香るラベンダーに癒やされる!首都圏から行けるラベンダー畑4選

2018年6月30日 11:00更新

東京ウォーカー ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

リラックス効果のある、爽やかな香りを放つラベンダー。日々の疲れを癒してくれる花畑へ、深呼吸をしに出かけよう。

関東最大5万株のラベンダーを植栽「たんばらラベンダーパーク」

涼やかなラベンダーの海が一面に

涼やかなラベンダーの海が一面に

すべての画像を見る(4件)

夏季限定営業で、ラベンダーやヒマワリが見られる。7月から開花し、早咲き、中咲き、遅咲きなどの品種があり、9月まで開園。園内には上州牛など地元の名物を味わえるレストランのほか、キッズ用の遊具やウォータースライダーといったアクティビティも充実している。

<開園期間:6/30(土)~9/2(日)>

富士の麓で紫色のラベンダーが満開に「河口湖ハーブフェスティバル2018」

【写真を見る】河口湖の初夏の風物詩

【写真を見る】河口湖の初夏の風物詩

「関東の富士見百景」に選定された"ラベンダーと河口湖と富士山"の景観。河口湖畔大石公園と八木崎公園を中心に湖畔全域で8000株のラベンダーが咲き誇る。

<開催期間:6/15(金)~7/8(日) ※大石公園は~7/16(祝)>

ミニリース作りにトライ!「松田山ハーブガーデン」

花を使った体験教室も楽しめる

花を使った体験教室も楽しめる

豊かな自然環境のなかで多くの種類のハーブを植栽。ハーブ館の外観はユニークな円筒形で、館内には工房や食事処も。ラベンダーが見ごろになる6月の毎週土日はミニリース作り(500円)などのイベントを実施する。

<開花期間:6月上旬~7月上旬>

「みかもハーブフェスタ」も開催みかも山公園「みかもハーブ園」

6月にはハーブを使った体験講座や園内のガイドウォ ークなどが実施される

6月にはハーブを使った体験講座や園内のガイドウォ ークなどが実施される

万葉集にも詠まれた三毳山(みかもやま)を利用した県内最大の都市公園。「みかもハーブ園」では約40種類のハーブが楽しめる。6月には、ハーブを使った体験講座や園内のガイドウォークなどが実施される「みかもハーブフェスタ」も開催。

<開花期間:6月中旬~7月上旬>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る