スタバ新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」レポ!優しい香りと味の“癒し系”

2018年5月29日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スターバックス コーヒー ジャパンが5月30日(水)から発売する新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」(税抜620円)。この商品は、スターバックスが日本文化に着目した新プロジェクト「STARBUCKS JAPAN WONDER PROJECT」第1弾だ。新作フラペチーノおよび新プロジェクト発表会に足を運んだ編集部が一足先にその味をレビューする。

加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ

全ての画像を見る(4件)

「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」は、石川県を代表するお茶である加賀棒茶をふんだんに使ったビバレッジだ。本商品に使われている加賀棒茶は、一番茶の茎だけを使用し浅く焙じたもの。水分を豊富に含んでいるので、お茶本来の旨味を残しつつ、ふっくらとした味わいとほうじ茶ならではの香りを引き出したお茶となっている。フラペチーノには、棒ほうじ茶そのものを細かく粉砕しグラニュー糖とともに混ぜ込んでいる。

加賀棒茶の茶葉本来のほのかな黄緑色はフラペチーノにも生かされている

フラペチーノを見て最初に気づくのは、トッピングされた加賀棒茶パウダーやドリンク部分がほのかに緑がかった色であること。ほうじ茶と言えば赤茶色をイメージするが、ほうじ茶の茶葉の部分は実は黄緑がかっており、フラペチーノには茶葉の色をそのまま生かしている。

【写真を見る】香り漂う加賀棒茶パウダーをトッピングしている

パウダーから漂う加賀棒茶の優しい香りを楽しんだ後、いよいよ試飲。すると、ほうじ茶のほのかな苦味と風味にマッチしたホワイトチョコレートクリームと、涼やかなゼリーが口の中に広がる。フラペチーノの底の部分にある“加賀棒茶ジェリー”は、甘さを抑えお茶の香りが立つようにぷるんとしたみずみずしい食感に仕上げているとのことで、涼やかな喉越しが楽しめる。

棒ほうじ茶そのものを細かく粉砕しグラニュー糖と混ぜている

お茶を使ったスイーツドリンクと言えば抹茶味を思い浮かべるが、抹茶の濃厚な風味がどうしても苦手という人も多い。しかしほうじ茶を使ったこのフラペチーノは、まろやかに広がるお茶の風味がクリームの甘さとほどよいバランスで、誰にでも親しみやすい味だと感じた。ほかの参加者からも「飲みやすい」という声があちこちで上がっていた。

金箔の産地・金沢を意識した黄金色のジェリーと石川県の日常とともにある加賀棒茶の彩りを組み合わせた、見た目も美しいフラペチーノ。和のテイストを尊重しつつスターバックスらしいカジュアルさも合わせ持つ今だけの“癒し系”ドリンクをぜひ味わってみてほしい。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る