‟無料・格安”でも迫力十分!全長90mを超!九州のロング滑り台5選

2018年6月7日 10:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

無料・格安で遊べる公園はファミリーのおでかけの強い味方。今回は全長90mを超える長い滑り台がある公園を5つ紹介する。ちょっぴりスリルも味わいながら、大人も子供も風をきっていい気分!

山の斜面を利用した滑り台が人気「高取山公園・わんぱく王国」


「高取山公園・わんぱく王国」。全長約200mのスリリングなローラー滑り台が人気


高取山の斜面を利用したダイナミックな遊具で遊べる「高取山公園・わんぱく王国」。土曜、日曜、祝日のみ利用できる全長約200mのローラー滑り台が人気。見晴らしがよく、行楽シーズンには順番待ちができるほどだ。

「高取山公園・わんぱく王国」。モノライダー(片道200円)も土曜、日曜、祝日のみ運行する


「高取山公園・わんぱく王国」。小さい子には緩やかな滑り台がおすすめ


山頂までは、モノライダー(片道200円)を使うと移動が楽ちん。ほかに、小さい子でも安心して遊べる緩やかな滑り台もある。※4歳以下は保護者同伴

[高取山公園・わんぱく王国]佐賀県神埼市脊振町広滝1472 / 0952-51-9020 / 9:00~18:00、11~3月は~17:00 / 年末年始休み、「わんぱく館」は第2・4水曜休み / 入場無料※ローラー滑り台は1回200円(5歳以上)

ソリに乗って全長390mを滑走しよう「神話の里公園」


【写真を見る】「神話の里公園」のスーパースライダーはスリル満点!ソリで速度を調整しながら滑走できる


標高670mの山の斜面にある「神話の里公園」からは、錦江湾や桜島が一望できる。速度を調整できる専用のソリに乗って全長390mを滑走する「スーパースライダー」はスリルたっぷり。※小学2年生以下は保護者同乗

「神話の里公園」。スライダーを利用するにはリフトで山頂まで上がろう。見晴らし抜群で気持ちいい


スライダー利用の場合はリフトで山頂まで上がろう(往復500円)。頂上には坂本龍馬の記念撮影パネルもあるので撮影してみて。

[神話の里公園]鹿児島県霧島市霧島田口2583-22 / 0995-57-1711 / 9:00~17:15、11~3月は~17:00 / 無休 / 入場無料※スライダー利用はリフト料金含め1回500円

展望台から一気に滑り下りて気分爽快「さが21世紀県民の森」


「さが21世紀県民の森」のジェットローラー滑り台。全長150mもあり滑り応え十分だ


「さが21世紀県民の森」は湖畔をまわる1周6㎞のサイクリングロード、レンタル自転車(有料)や貸しボート(有料)など遊べる施設がたくさん。「ふれあいの森」には木々に囲まれた全長約150mのジェットローラー滑り台がある。

「さが21世紀県民の森」。「ふれあいの森」には大型遊具や複合遊具もあり、思う存分遊べる


ジェットローラー滑り台は、ダム湖を望む「ふれあいの森展望台」から一気に滑り落ちてスリリング。ほかにも、アスレチックなど遊具も充実する。

[さが21世紀県民の森]佐賀県佐賀市富士町藤瀬724-4 / 0952-57-2341 / 9:00~18:00、11~2月は17:00 / 12月31日~1月4日休み / 入場無料

ローラー滑り台に子供から大人まで夢中!「高田濃施山公園」


カラフルな遊具がたくさんある「高田濃施山公園」


東濃施古墳を中心にキャンプ場やパターゴルフ場などが点在する「高田濃施山公園」。カラフルな遊具にあふれ、まるで遊園地のような雰囲気を楽しめる。なかでも全長100mのローラー滑り台は子供から大人まで人気だ。

「高田濃施山公園」。巨大な噴水もあり、夏場は絶好の涼スポットだ


巨大噴水をはじめ、「せせらぎ水路」など水を活かしたポイントも多い。これからの季節、涼スポットとしてもおすすめだ。

[高田濃施山公園(たかだのふせやまこうえん)]福岡県みやま市高田町下楠田480 / 0944-22-4886 / 9:00~17:00 / 年末年始休み / 入場無料

長さ90mのジェットスライダーが名物「大野城いこいの森中央公園」


「大野城いこいの森中央公園」のジェットスライダーは迫力満点!


「大野城いこいの森中央公園」では、長さ90mのジェットスライダーが人気。川遊びができる水辺公園やキャンプ場、木製のジャングルジムもあり、一日中フルで遊べる。

[大野城いこいの森中央公園]福岡県大野城市牛頸481-1 / 092-595-2300 / 9:00~18:00、11~2月は~17:00 / 月曜休み(祝日の場合翌日)※7、8月は無休 / 入場無料

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る