長い間期間楽しめるスイレン!香川県の栗林公園のスイレンが見頃

2018年6月11日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9月上旬まで、香川県高松市の栗林公園のスイレンが見頃を迎えている。

水辺を彩るスイレン
写真は主催者提供

全ての画像を見る(3件)

国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さを持つ栗林公園は、紫雲山を背景に、6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸時代初期の回遊式大名庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富む。

夏に見ごろを迎えるスイレンは、芙蓉沼南端では淡いピンク・黄色、西湖の石壁付近で白と赤、涵翠池では淡いピンク・赤色と、各所で異なる美しさが楽しめる。

【写真を見る】色とりどりのスイレン写真は主催者提供

担当者は「栗林公園内ではスイレンが見頃となっています。夏に向かって日中は暑くなりますが、水面を美しく彩るスイレンを見ていると、その暑さも和らぐようです。ぜひご来園いただき、水辺に浮かぶスイレンをご覧ください」と話す。

コントラストが美しい写真は主催者提供

暑い日が増える季節。水辺のスイレンを眺め、涼を感じるのも風流だ。栗林公園でスイレン鑑賞しよう!

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る