吉岡里帆が“おとなまる子”姿で登場!「おとなまる子の部屋」が体験できるダイハツ「ミラ トコット」全国キャラバン開催

2018年6月30日 16:45更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月25日(月)に発表されたダイハツの新型軽乗用車「ミラ トコット」。6月30日(土)、「ミラ トコット」の発表に合わせて開催される展示キャラバン『おとなまる子のチルライフ』展の横浜会場にCMキャラクターの吉岡里帆さんが登場し、トークショーが行われた。

『おとなまる子のチルライフ』展の横浜会場に登場した吉岡里帆さん

『おとなまる子のチルライフ』展の横浜会場に登場した吉岡里帆さん

すべての画像を見る(9件)

「ミラ トコット」のテレビCMは、『ちびまる子ちゃん』が22歳の大人「おとなまる子」になり、自動車の運転免許を取ったという設定で実写化したもの。吉岡さんは社会人1年生の「おとなまる子」を演じる。CMと同じ赤いサロペット姿で登場した吉岡さんは「おとなまる子です、こんにちは!」と挨拶。『ちびまる子ちゃん』が大好きだという吉岡さんは「ご褒美みたいなお仕事だなと思いました(笑)」とCM出演の喜びを語った。

「ミラ トコット」CMキャラクターである吉岡里帆さんのトークショーが開催

「ミラ トコット」CMキャラクターである吉岡里帆さんのトークショーが開催

テレビCM「ミラ トコット」勘違い篇は、仲良しのたまちゃんとの待ち合わせ場所に、おとなまる子が「ミラ トコット」を運転し颯爽と登場するも、愛車の名前を「トコット」ではなく「コロッケ」と言い間違えて紹介してしまうというストーリー。吉岡さんは「子供のまるちゃんがすごくコミカルで表情豊かなので、大人になったまるちゃんも元気のよさを意識して演じました」と、まる子を演じるにあたってのポイントを語った。

また、たまちゃん役の奈緒さんとの共演を振り返り「たまちゃんとの撮影がすごく楽しかった。奈緒さんが演じるたまちゃんが本当にたまちゃんらしくて、私もまる子でいられました。2人で一緒に(作品の)世界観を作れてよかったです」と笑顔を見せた。

おとなまる子の暮らす部屋を表現した展示スペース

おとなまる子の暮らす部屋を表現した展示スペース

『おとなまる子のチルライフ』展には、おとなまる子の暮らす部屋を表現した展示スペースが登場。展示を見た感想を聞かれ、「まるちゃんも大人になって、ひとつひとつの小物がオシャレでかわいいです。その中にまるちゃんらしいちょっと古風なものだったり子どもの時からの持ち物も残っていて、そのコントラストが面白い部屋だなと思いました」と話す吉岡さん。「部屋の中には、まるちゃんが好きな人なら『あのエピソードのなごりかも』と思うような小物もたくさんあります。そして、飾られているまるちゃんの赤い衣装は私もお気に入りなのでぜひ見てください」と展示の見どころを語った。

まる子らしいユニークな小物やおじいちゃんへの手紙も飾られている

まる子らしいユニークな小物やおじいちゃんへの手紙も飾られている

イベント会場内は撮影が可能で、ハッシュタグ『#チルまる子』『#tocot』をつけて写真をSNSに投稿すると、CMにも登場しているポーチとイベント限定収納ケースがもらえるSNSキャンペーンも展開される。

MARK IS みなとみらい 1F グランドガレリア内で行われる横浜会場は7月1日(日)の19時まで開催。同イベントは今後、7月から8月にかけ、名古屋、仙台、福岡、大阪でも順次開催される。

ミラ トコット G “SA Ⅲ”2WD セラミックグリーンメタリック<G61>

ミラ トコット G “SA Ⅲ”2WD セラミックグリーンメタリック<G61>

【ウォーカープラス編集部/PR】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る