写真で巡る世界遺産!山形県・酒田市美術館で「写真家たちの世界遺産展」

2018年7月14日 20:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

山形県酒田市の酒田市美術館で7月21日(土)から9月2日(日)まで、「写真家たちの世界遺産展」が開催される。

写真家の手による、印象的な写真が多く展示される
写真は主催者提供

全ての画像を見る(4件)

1972年に世界遺産条約が採択され、人類共通の遺産として、自然遺産・文化遺産・複合遺産のジャンルで国際的に広く認知、保護されている世界遺産。これらの世界遺産は、写真家たちの取材対象でもある。

同展では、野町和樹、中村征夫、長倉洋海をはじめとする12名の日本人写真家が捉えた世界遺産を約90点で紹介する。

イスタンブールHiromi Nagakura

展示担当者は「過去に土門拳賞受賞した野町和嘉をはじめとする12名の日本人写真家が捉えた世界遺産を約90点展示します。世界遺産の中でも原爆ドームなどの負の遺産、紛争などで保存が脅かされている危機遺産など、単に美しさだけではない作品も展示します」と展示の魅力を話す。

ガラパゴスIkuo Nakamura

人類の教訓となる歴史や、現在の世界情勢へも思いを寄せて鑑賞しよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る