元タカラジェンヌが指導!宝塚気分の品格を学べるダンスレッスン

2018年7月20日 07:30更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
宝塚歌劇団に在団経験を持つ講師が指導を行う「Jenne Style」。「なりきりタカラジェンヌ」レッスンの担当は元宙組・男役スターの初嶺麿代(はつねまよ)さん


宝塚歌劇団に在団していたタカラジェンヌたちが講師となり、ヨガやバレエ、ミュージカル体験クラスなど、さまざまなアプローチでタカラジェンヌの品格を学べるフィットネススタジオ「Jenne Style (ジェンヌスタイル)」。今回は、宝塚歌劇団に憧れを抱くモデルの榊本麻衣さんが同スタジオにて「なりきりタカラジェンヌ」レッスンを体験!

【写真を見る】宝塚現役時代を知る憧れのスターが目の前で指導を行うレッスンに宝塚ファンなら誰もが興奮必至


関西出身モデルの榊本麻衣さん。東京を中心にフリーモデルとして活動。Instagramでは、自らのライフスタイルを発信し2万6000人ものフォロワーから支持を得ている


パワフルに「なりきりタカラジェンヌ」のレッスンを指導してくれる、元男役スターの初嶺麿代さん


宝塚ファン必見!池袋のマルイで憧れの宝塚歌劇団に!?


幼い時に見た宝塚歌劇団の舞台をきっかけに「タカラジェンヌになりたい」という夢を抱き、大人になった今もその思いを忘れられずにいる榊本麻衣さん。元タカラジェンヌの初嶺麿代さん指導のもと、実際に宝塚歌劇団で公演された演目のダンスを練習することに。ミュージカルのワンシーンを演じることでタカラジェンヌを疑似体験することができるのだ。

初嶺さんの指導を受け、生徒さん一人一人が目を輝かせながらレッスンに参加している


現役時代を知るスターが指導してくれる喜びを味わえる


生徒さんたちがレッスンに参加するモチベーションは?レッスン前にお話を聞いてみると、「幼いころから宝塚歌劇団が好きで、何度も観劇しています。そんな中、TV番組でこのスタジオが紹介されていて、自分も行ってみたいと思ったんです」(30代女性)とのこと。

「レッスンでは、実際に現役時代を知っている憧れのスターが目の前で教えてくれることに感動しています。通い続けていくうちに、姿勢が正されたり、指先のしぐさがしなやかになったりと、日常的な体の使い方も優雅に変化してきたのを感じます」(30代女性)

元タカラジェンヌの直接指導が受けられることに加え、レッスンを続けることで自らにもタカラジェンヌの品格が備わってきたという。

いよいよレッスンがスタート。まずは20分ほどの全身ストレッチを行い、体が十分に温まったところでダンスの振り付け指導が始まる


レッスンでは一つ一つの振りを丁寧にレクチャー


今回教わるのは「シトラスの風」という演目の中の「明日へのエナジー」。アグレッシブなダンスを伴うアップテンポな曲だ。レッスンで学ぶ演目は3か月ごとに変更される。過去には宝塚を代表する演目「ザ・レビュー」から、男役と娘役に分かれペアを組んで踊るダンスレッスンなども行われた。

「ダンスは高校の授業で受けた時以来です。楽しみですがついて行けるかちょっと不安」(榊本さん)

レッスンは、まずは手の動きからレクチャーされ、そこにステップをプラス。

「手と足の動きを切り離したうえで少しずつ振りを教えてくれるので混乱せず一つ一つ習得することができます!」(榊本さん)

元タカラジェンヌの熱心な指導でみるみる表情が明るく


「目の前が舞台だと思って黒目をカッと開き、表情を明るく!」生徒さんに爽やかなゲキを飛ばす講師の初嶺さん


レッスンでは憧れのタカラジェンヌ・初嶺さんがアカペラで歌い、全力で踊りながら振りを教えてくれる。「決めポーズには命を懸けて。背筋と腹筋を使って、観客を受け入れるような気持ちでビシッと停止して!」と初嶺さん。

熱心な指導を受け、生徒さんも徐々にプロの女優のような顔つきへと変化していく。そして、ワンフレーズ分の振りを教わったところで「明日へのエナジー」の曲に合わせて通しでダンス。最初はついていくのに必死だった榊本さんも最後には前を向いて堂々と踊り切ることができた。

音楽に合わせて踊れば、より一体感が感じられチームワークが磨かれる。中には音楽を口ずさみながら踊る生徒さんも


宝塚特有の女の園の雰囲気を「Jenne Style」で味わおう


レッスン終わりのあいさつは宝塚流のお辞儀で締めくくる。「姿勢を正し、指先を胸の下で合わせます。遠くに頭を置くイメージでゆっくりとお礼をしていきましょう」と初嶺さん。その言葉どおりの美しいお辞儀を全員で行い、レッスンは幕を閉じた。

初嶺さんにタカラジェンヌ風ポーズを指南いただき、参加した生徒さんと記念撮影。レッスン後はカフェに移動し宝塚トークに花を咲かせる生徒さんもいる


宝塚に憧れを抱いていた榊本さんは、今回の体験を終え「まるで宝塚に入団したような気持ちです。レッスンを通して、自分の表情が徐々に明るくなっていったのを感じますね。途中から本当に舞台に立っているような感覚となり、最後は目の前のお客さんに『私を見て!』という気持ちでダンスをすることができました」と満足げに笑った。

講師に聞いた!Jenne Styleの魅力!


颯爽とポーズを決める初嶺さんと榊本さん


■楽しく続けるうちに、気付けば美しく上品に

「通っていただいている生徒さんは宝塚ファンが主ですが、このスタジオは『楽しみながら続けられ、結果的に美しく上品に、健康的になっていく』というコンセプトでプログラムを組んでいますので、続けるうちに、心も体も一歩ずつ憧れのタカラジェンヌに近づくことができると思います。生徒さんにはよりタカラジェンヌになりきってもらうためにオリジナルの『ジェンヌネーム』をつけてもらったりもしています」(初嶺さん)

■宝塚歌劇団の女優魂を身に付けられる

「なりきりタカラジェンヌ」で印象的だったのはパワフルな初嶺さんの指導だ。レッスンに挑む姿勢を初嶺さんはこう語る。「生徒さんへは、実際に宝塚の舞台に立っている女優と同じくらいの熱量で接しています。そうすると、生徒さんの表情も舞台に立つタカラジェンヌのように、華やかになっていくんです。中には女優が楽屋入りするかのような出で立ちでスタジオに来る生徒さんもいらっしゃいますよ」(初嶺さん)

宝塚歌劇団のファンや、タカラジェンヌに憧れた経験のある人はぜひこのおけいこの扉をたたいてほしい!レッスンを重ねるうちに、タカラジェンヌの気品や華やかさを自然と身に付けることができるはずだ。

構成=秋山ももこ(mogShore)/取材・文=いちじく舞/撮影=齋藤ジン

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

ページ上部へ戻る