東京・国分寺駅の駅ビル「cocobunji WEST」「ミーツ国分寺」の誕生で生活がより豊かに!

2018年7月19日 11:36更新

東京ウォーカー CRAING

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年4月、国分寺駅北口再開発事業のシンボルともいえるビル「cocobunji EAST」と「cocobunji WEST」が完成。国分寺駅直結の「cocobunji WEST」1~4階には商業施設「ミーツ国分寺」がオープンし、ファッションや雑貨店のほか、早朝から営業する飲食店も登場。5階には市の窓口など行政サービスも充実した「cocobunjiプラザ」があり、国分寺エリアはより便利に、暮らしやすい街へと変貌を遂げている。

国分寺駅に2018年4月誕生した「cocobunji WEST」

早朝から営業!朝ごはんをおいしく食べられる「うどんとぼんた」と「箱根ベーカリー」

時間に追われる朝は“食事の準備をするのがめんどう”など、ついつい朝ごはんを抜いてしまうことも多いはず。そんな時、ミーツ国分寺内にある「うどんとぼんた」と「箱根ベーカリー」が強い味方に。どちらも手軽&お得に、豊富なメニューを味わうことができる。

和食派は「うどんとぼんた」へ。朝ならおにぎりセットがお得!

全ての画像を見る(14件)

最も優秀な等級“一等米”から、五つ星お米マイスターが精米した最高級の米だけを使用した「一等米おにぎり専門店 ぼんたぼんた」が、もちむぎを練り込んだヘルシーな麺と、昆布とカツオ節でとった黄金出汁が味わえるうどんをメニューに加えた新スタイルの店「うどんとぼんた」。

朝の特別メニュー時間帯でお得に食べられるイチオシの組み合わせは、「紅鮭のほぐし身」(月・土・日曜日のサービス品)と「明太温玉ぶっかけうどん小」

7時30分~10時30分まで、170円~180円のおにぎり5種(紅鮭のほぐし身・ごましそ昆布・高菜油炒め・肉そぼろ・ツナマヨ)が曜日替わり1個100円で食べられるほか、うどん3種(もちむぎかけうどん520円・きつねうどん小570円・明太温玉ぶっかけうどん小570円)のうち1つと日替わりおにぎり1つがセットで500円とリーズナブル!朝食は和食派という人は「うどんとぼんた」がオススメ。

パン派なら見逃せない「箱根ベーカリー」のモーニングセット

続いて、パン派にイチオシなのが「箱根ベーカリー」。旅先で心を豊かにする“美味しいパン”をテーマにした箱根発祥のベーカリーが東京初上陸を果たした。今後は、他店舗でも大人気のラクレットチーズを使った商品を販売予定。アツアツ&トロトロのチーズとパンの組み合わせに期待が高まる。

フワサクの食感で人気を博している「クロワッサン」(230円)

7時~11時はお得なモーニングセット460円を味わいたい。5つのパン(芳醇生クリーム食パン・アスパラソーセージ・箱根カレーパン・シュガーバターのブリオッシュ・日替わりパン)の中から1つ選んで、ドリンク(有機森のコーヒー・オーガニックハーブティー・ミネストローネ スモールサイズ・リンゴジュースなど)1つと温泉かたゆでたまごが付いてくる。大人気の「クロワッサン」(230円)や名物の「箱根山龍神あんぱん」(180円)をプラスして、朝食を楽しんでみては。

オーガニックカフェもオープン予定! 庭園が広がる「cocobunjiプラザ」

ウッドデッキと人工芝が広がる「リオン広場」やフリースペースなどが設けられた「cocobunjiプラザ」(cocobunji WEST 5階)。開放感あふれる空間は、放課後に訪れる学生の和みの場所となっている。

お出かけの一休みにピッタリな「リオン広場」

屋内スペース「ホワイエ」には、小惑星イトカワや宇宙をイメージしたソファが。座ったときのほどよい弾力がクセになる

フリースペースは無料Wi-Fiを完備。PCやスマホを利用しながら時間を過ごす人も多い。2018年8月下旬にはこのスペースにカフェがオープンする予定

新しくオープンする「カフェ ローカル」では、こだわりの自然食材で作るメニューを提供※画像はイメージ

現在フリースペースとして学生たちの勉強スポットにもなっているエリアには、2018年8月下旬に、国分寺で採れた新鮮野菜、通称“こくベジ”を使った地域密着型のカフェがオープン予定。食事も楽しめる憩いの場として、地元の人が集まる癒しどころになること間違いなし!

行政サービスやホールの利用も可能。1階には国分寺市案内所を配備

同フロア(5階)には、住民票の写しなど証明書の交付が受けられる「市民サービスコーナー」がある。学校帰りやショッピングの合間に立ち寄れる駅直結の施設で、様々なサービスを利用できるのはうれしい限り。

「市民サービスコーナー」では住民票の写しなどの交付や粗大ごみ処理券、指定収集袋の購入など一部の行政サービスを受けられる

ミニコンサート、講演などに使える「リオンホール」。音響機器やプロジェクター、ピアノも利用可※設備の利用は有料、要予約

「まちの魅力発信コーナー」では、日本で初めてペンシルロケットの水平発射実験が行われた「日本の宇宙開発発祥の地」を展示中※内容は企画ごとに変更の場合あり

ダンス教室やミニコンサートの開催、講演・会議など多目的に使える約280㎡の「リオンホール」や約60㎡の教室タイプの「セミナールーム」に加え、職員が駐在し貸出施設の説明を行う総合案内も設置。貸出施設の申請窓口になっている文化振興課の前には、国分寺市の歴史や文化を伝える「まちの魅力発信コーナー」があるので、ぜひチェックして。

「国分寺市案内所」。無料の観光パンフレットなどやイベントの情報などを取り扱う

「国分寺市は、日本数学検定協会が制定した東京の中心(重心)なんですよ」と、国分寺市役所文化振興課職員

さらに、「cocobunji WEST」 1階には「国分寺市案内所」があり、国分寺市の歴史や文化に加え、最新の街情報などを発信している。「幅広い年代の方に、案内所を含めcocobunjiプラザを利用していただけるとうれしいです。気軽に利用してください」と国分寺市役所文化振興課職員。新施設を上手に活用して、国分寺エリアの生活を楽しもう!【ウォーカープラス/PR】

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る