リアルでかわいい!「浦ちゃんの家 by au」がお台場に登場

2018年7月27日 08:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7月28日(土)から9月2日(日)までの期間、東京・台場のフジテレビ本社屋1F フジテレビモールにて「浦ちゃんの家 by au」が展示される。

これは、「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」でイベントブースとして登場するもの。さまざまな工夫が凝らされた家となっており、ワクワクすること間違いナシだ!

「浦ちゃんの家つくろう」プロジェクトで完成した家


ひとりのこころ優しい少女から実際に届いた、「浦ちゃん(CM“三太郎シリーズ”のキャラクターである浦島太郎)の家をつくってほしい」という手紙をきっかけにスタートした、浦ちゃんの家を視聴者たちと一緒に作る「浦ちゃんの家つくろう」プロジェクト。このプロジェクトでは約4000件のデザイン・アイデアが集まり、今回はそれを参考に、新たな浦ちゃんの家を完成させた。

中でも多かったのは「亀の形のフォルム」のアイデア。そこに、三太郎の世界観に合った「囲炉裏」、浦ちゃんが竜宮城に通いつめているという設定にちなんだ「玉手箱」など、「浦ちゃんらしい!こんな家を作ってみたい!」と思えるアイデアが加わり、ユニークな家が完成した。

三太郎の世界観に合った小道具が多数設置されている


かわいらしく仕上がった“亀をモチーフにした”石造りの家は意外にも広々としており、中には生活感あふれる小道具がズラリ。三味線や釣り竿は触れることができるので、写真撮影時に使用するのもお勧めだ。

そして、7つのアイテムに関連してボタンが設置されており、それを押せば浦ちゃん・乙ちゃんの音声が再生されるというサプライズも。このイベントでしか聞けない二人のかけ合いを楽しむことができるのだ。

【写真を見る】賑やかなフォトスポットで出演者たちと撮影!?


毎日異なる場所に設置されるという“隠れ一寸”や、散りばめられた9つの亀モチーフなど、部屋の中には、見つけ出したいトピックもいっぱい。ぜひ、夏休みに家族や仲間と訪れて、三太郎CMの世界を体験しつつ、たくさんの工夫に触れてみてほしい。

Raira

この記事の画像一覧(全19枚)

キーワード

ページ上部へ戻る