泊まったり寝たりできる図書館!?読書の秋を満喫できる名古屋の施設

2018年8月31日 11:50更新

東海ウォーカー 丹羽由芽

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ダラダラしながら本の世界に没頭する時間って、とても幸せですよね。そこで今回は、図書館のようにたくさん本が読める名古屋の新スポットをご紹介。今年の秋は、読書の秋を満喫しませんか?

ホテル併設のブックカフェ

洗練された空間で読書に没頭できる

全ての画像を見る(5件)

「ランプライトブックスカフェ」(名古屋市中区)は、シングル中心の都市型ホテルを併設した、24時間営業のブックカフェ。約3000冊の書籍があり、1オーダーすれば自由に読書に没頭できる。またオーダーしなくても、好きな本を選んで購入することもできる。

また、ホテルのシングル素泊まりは、1泊1人7000円から。部屋の中にも本を持ち込んで、本を読みながら寝落ちる幸せな感覚を味わおう!

【写真を見る】「厳選された書籍が並ぶ店内は、非常におしゃれで都会的な造りという印象!」

蔵書数4万冊の人気のスパ銭

吹き抜けで開放感のある館内

「RAKU SPA GARDEN 名古屋」は、国内外で人気のスパ銭、極楽湯グループの名古屋初進出店で、RAKU SPAブランドとしては3店舗目。天然温泉が楽しめるほか、緑にこだわった癒しの空間でくつろげるのが最大の特徴だ。館内には4万冊の本や漫画をそろえ、好きな場所で読むことができる。

プライベート感のあるフリースペースも用意

約4万冊の雑誌やコミックが読める

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る